新訳ゼータのブライトさん

テレビ版ゼータのブライトさんは、1話の最後にちょこっと映って(セリフなし)、
2話でマーク2に乗り込むカミーユに出くわして、ティターンズにボコボコにされて(泣)、次に出るのは10話「再会」。テンプテーションの艦長として登場します。

てことで。
劇場版ゼータの新作画ブライトさんのキャプチャー画像、いきます。

f0023813_14560785.jpg
新作画ブライトさん登場。

f0023813_14562511.jpg
テンプテーション艦長。
ノーマルスーツが黒い。

f0023813_14563988.jpg
ホワイトベース時代の中佐の実績が役立つ、と言われ、

f0023813_08544293.jpg
「自分は二隻も艦を沈めてしまった艦長ですよ、クワトロ大佐」

f0023813_08570940.jpg
「私は大尉です、ブライトキャプテン」

f0023813_08580545.jpg
「あっ」

ここ、好きなんだけど、よくわからない。
ブライトさんは、クワトロ・バジーナがシャア・アズナブルだとこの時は知らないと思うんだけど、なにかを「感じた」?

ブライトさんはニュータイプじゃない、典型的なオールドタイプとされているけど、アムロを野生の虎だと恐れたり、コンペトウ(ソロモン)で殺気を感じていたから、元々なにかは持っていたんだと思う。
そこに、経験や技術や人とのつながりが加わったことで、五つの大戦を乗り越えた艦長になったんだろうな。


「私は二隻の艦を沈めた艦長ですよ」
このフレーズは私も使います。
「私は自分のサイトを二回も沈めた管理人ですよ」(笑)


ゼータに戻る

f0023813_14572312.jpg
「2年前に講演会でサインをいただいたことがあります」
私も行きたい、講演会。

f0023813_14580812.jpg
「自分の妻子も地球に住まわされています。人質のようなものです」

f0023813_14582056.jpg

f0023813_14583280.jpg
クワトロ「その援軍全体の指揮はアーガマのキャプテン ブライト・ノアが執る」

「了解です」

f0023813_14584480.jpg
てことで。
ブライトさん、アーガマ艦長になりました。
パチパチパチ←拍手

ゼータⅡ 恋人たち
まずは、劇場で思わず声を上げたこのシーン。

f0023813_14585718.jpg
おっ

f0023813_14592728.jpg
なんと

f0023813_14594048.jpg
艦長、上着着てない!

f0023813_14595122.jpg
いやーん///

f0023813_15001672.jpg
全世界のブライトファン、感涙!
シャツ姿なんて。おいしすぎる。

f0023813_15002812.jpg

f0023813_15004590.jpg

f0023813_15005454.jpg
新作画のモシモシ。

そして、ゼータⅡといえば、この会議シーンですね。
f0023813_09261296.jpg
会議中、パソコンでビデオレターを見てるブライトさん。
かわいいよ、チェーミン。

f0023813_09272748.jpg
イヤホン外して、会話に入る。

f0023813_09275001.jpg
んだけど、気になるよね。

f0023813_09280757.jpg
イヤホン戻してる(笑)

f0023813_09293215.jpg
クワトロさんの問いかけをスルー。

f0023813_09295492.jpg
「なにが深刻なんだ?」

f0023813_09302126.jpg
あーあ。

f0023813_09303653.jpg
ばれちゃいました。

f0023813_09305077.jpg
ハサウェイとチェーミン。

f0023813_09471681.jpg

f0023813_09474602.jpg
「消すことはなかろう。せっかくクワトロ大尉がもってきてくれたんだ」

ウォンさん、やさしいな。
f0023813_09311037.jpg

f0023813_09313059.jpg

f0023813_09314715.jpg
ヘンケン艦長にカツをラーディッシュ付きにするよう頼むブライトさん。

f0023813_09321292.jpg
交換条件に、エマさん寄こせとな。

f0023813_09322537.jpg
ブライト「まったく」
クワトロ 「脈は保証できないんだぞ」
ヘンケン「脈をつけるのが男の甲斐性ってもんだ。心配するな」

f0023813_09325567.jpg
念押しするヘンケンさん
「いいな!」

f0023813_09332141.jpg
そんなヘンケンさんがうらやましくて、ブライトさんは羨望の「いいな」

f0023813_09333650.jpg
クワトロさんも同意して「ああ、いいな」

この男3人の「いいな」がいいな。
大好きな場面。

いずれは敵として分かつんだけど。
シャアがブライトさんやヘンケンさんと出会えたことは、良かったと思う。
シャアだとわかっていても、信じていたし、友情はあったでしょ?

長くなったので、ゼータⅢは、また次回。
君は刻の涙を見る。

[PR]
by m_n_erin | 2016-10-14 10:25 | Ζ | Comments(4)
Commented by shadow1165 at 2016-10-14 13:24
やはり萌えポイントは同じでした(笑)

シャツ姿は美味しすぎですね
(///ω///)♪

私は今夜Ⅲをみます。
ⅠとⅡは映画館でみたのですが、Ⅲはまだ見たことがないので楽しみです。
Commented by m_n_erin at 2016-10-14 17:08
shadowさん、こんばんは。
ΖⅢ、まだご覧になってなかったんですね。Ⅲの画像を貼る前で良かった!あやうくネタバレしてしまうところでした。ここで止めるとは。私は運がいい!
どうぞ新鮮な気持ちでご覧くださいね。
とーっても良いシーンありますよ(^-^)
シャツと同じくらいのおいしさです(笑)
Commented by 味噌 at 2016-10-15 02:12 x
劇場版Z、駆け足ですよね。テレビシリーズを見ずに劇場版を見たので、混乱しながら友人に解説を求めたりしました。
Zはデジタルでない画も初代より綺麗になっていて(当たり前ですが)、ブライトさんがイケメンに見える……?とこれまた混乱しました笑
私はZの…大筋の男と女の話、というような部分がちょっと苦手なのですが、キャラ萌え的にはやはりテレビシリーズも観た方が良さそうでしょうか?突然の質問すみません。

それと、お勧めいただいたORIGINも読みました。とても、良かったです。ありがとうございます。ブライトさんが出てくるコマは6割くらいの確立で冷や汗をかいていて、すごく萌えました。ORIGINだとみんなが表情豊かでとてもかわいいですね〜。
Commented by m_n_erin at 2016-10-15 06:57
味噌さん、お久しぶりです。
オリジン、ご覧になったんですね。汗、確かに(笑)艦長、かわいいでしょ。子犬みたい。けど、あれで25歳設定なんですよね。かわいい25歳。

ゼータテレビ版。うーん、悩みますね。
私はテレビ版は終わりに近付くにつれて、カミーユがかわいそうで辛くなりました。ラストは認めたくなかったです。(だから劇場版のラストシーンはうれしかったです)アムロやシャアの不甲斐なさも悔しかったです。
ゼータは人間関係のお話ですもんね、敵対関係も、人の思いも、恋愛感情も変わっていく、それが苦手なら見辛いかもしれません。
こうやって書いていくとゼータの良さがわからなくなりました。ブライトさんの家族への思いや落ち着いた艦長ぶりが見られることはいいと思います。あと、ベンウッダーやブラン少佐は好きだな。
これじゃ答えじゃないですね、すみません。


<< トランペットとペーネローペ 劇場版Ζを見直す。 >>