本の中の鈴置さん・その8

鈴置さんをたどる旅を続けています。
旅で重要なのは「2006年8月よりも前」ということ。
作品でも雑誌でも亡くなってからは会えませんからね。

f0023813_10354983.jpg
Voice Newtype
2006年11月号
11月号だけど載ってます。

f0023813_10361156.jpg
追悼・鈴置洋孝 なのです。

f0023813_10382362.jpg
鈴置さんゆかりの人たちが鈴置さんの思い出を語っています。

f0023813_10383834.jpg

f0023813_10390653.jpg
飛田さんのコメントの
「キャプテン翼で長いことコンビを組み、2、3年前にもあのふたりを彷彿させるペアを組み」

これってなんの役?
2003年ってことは、聖闘士星矢ですよね?
聖闘士星矢は全く観てないのです。
長いシリーズはどうしても後回しになっちゃう。
そのうち観られたらいいなぁ。

追悼コメントを読んでいると、いろいろなシーンの鈴置さんが浮かんでくるんだけど、それが全部「私が思った通り」の鈴置さんなのです。

「お前はホントに偉いなぁ」と頭を撫でて褒めてもらっていたグリコさん、鈴置さんを「旦那さん」と呼べるチャコさん(ブライトさんとミライさんのことですよ)、いいなぁ。

寂しいけれど、寂しいだけじゃないすてきな特集でした。

次は、遡りますよ。
f0023813_10392236.jpg
アニメージュ 
1980年3月号

f0023813_10395228.jpg
テレビ版が終わって、富野さんがこんなことを言ってる頃。

f0023813_10400715.jpg
最終話「脱出」のアフレコレポが載ってます。

f0023813_10402172.jpg
鈴置さん。
大きくしても、小さい。

打ち上げの会費は4000円で、幹事は池田さんだってことがわかりました(笑)

鈴置さんのCDもちょこちょこ増えてます。
鈴置さんがらみで知った作品の続きを見つけて読んだりもしています。

それはまた次回に。


[PR]
by m_n_erin | 2017-03-14 17:35 | 本の中の鈴置さん | Comments(2)
Commented by whirl--wind at 2017-03-15 20:25
それそれの声優さんが語る鈴置さん。
現場の人だけが知っている姿を知ることができる
なんてアニメ誌は素敵ですよね~

飛田さんといえば、カミーユですよね・・・。
聖闘士星矢では、ドラゴン紫龍を鈴置さんが、
飛田さんは、十二支宮?いや冥王ハーデスだっけ?
忘れちゃったのですが、黄金聖闘士の牡羊座のシオン
の声を当てていたとおもうのですけど、どんなからみがあったのかは、すっかりと忘れています・・・。
Commented by m_n_erin at 2017-03-19 01:08
windさん 2003年のVoice Newtypeを読むと「冥王 ハーデス十二宮編」と書いてますね。機会があれば見てみたいです。

と、言いつつ。長いシリーズは手が出しにくいんですよねぇ。
鈴置さんをたどる旅は、終わりそうにありません(笑)


<< Sweet Dragon Ⅲ amazonプライムビデオ観てます >>