鈴置さん、だよね?

Amazonプライムビデオで「ガラスの仮面」を観てます。

北島マヤと姫川亜弓が、伝説の「紅天女」を目指す一大演劇漫画。

私も中学生で読み始め(その時点で、すでに何十巻も出てた)、「花とゆめ」を買うようになり、リアルタイムで読んでいて、大人になって雑誌は買わなくなって、でも単行本では読んでいて。

そして。
未だに終わっていません。
まだ続いてますよ。

終わる日、来るんだろうか?

そんな「ガラスの仮面」はラジオドラマ化、レコード化、アニメ化、ドラマ化、舞台化されています。
アニメも何度かされてるはず。

今回見たのは、一番初めのアニメ。
のちの深夜枠でやってたモノに比べたら、泥臭いです。昭和です。大映ドラマみたい。

それでも、原作の力もあり、声優さんもいいので、面白く見てました。

昔、リアルタイムで見てたしね。
ラジオドラマで麗をやってたグリコさんが、アニメでも同じだからうれしかったな。

マヤちゃんが、普段は普通の子なのに、舞台に上がると変わってしまうところが上手いな、この人誰だろ?

と思ったら、勝生真沙子さんだったのですね!
こんな女の子声だったのかぁ。
レコアさんとか、鷲崎さんの別れた奥さんみたいな「大人の女性」のイメージだったので、驚きました。

なんでも、平成版のガラスの仮面では、姫川歌子(大女優で亜弓さんのお母さん)だったらしい。そっちの方がイメージ通りだわ。

そんなこんなで見ている昭和版ガラスの仮面なのですが、12話「わたしはキャサリン」で出てきた演劇サークルの大学生のお兄さん。

あまりセリフはないんだけど、
やわらかい言い方なんだけど、

これ、鈴置さんじゃない?

私のバイブルWikipediaの「鈴置洋孝」を確認。
載ってない。

そうだよな、ガラスの仮面って見た記憶ないもん。
けど、似てる。鈴置さんっぽい。

Wikipediaの「ガラスの仮面」のキャストも確認。
載ってない。

けど、似てるよ。
これ、鈴置さんだよ。

ガラスの仮面のエンディングを見る。
普通だとここを一番に見るべきなんだけど、エンディングにキャストが全員載ってないんだもん。
6話で、一角獣の団長って石丸さんだよね!って思いつつエンディングを見たら、書いてなくてがっかりしたから。

ダメ元で12話のエンディングを見たら、キャストみんな書いてた。
なんだ、書いてるんや。

そして、やっぱり鈴置さんの名前がありました。

よかった!合ってた!

f0023813_15560968.jpg
このメガネの大学生が鈴置さん。

期せずして、鈴置さんをたどる旅になってしまいました。

Wikiに書いてない鈴置さんを見つけちゃった。
うれしい。


[PR]
by m_n_erin | 2017-09-02 15:25 | Captain Noa | Comments(2)
Commented by whirl--wind at 2017-09-02 23:52
>Wikiに書いてない鈴置さんを見つけちゃった。
うれしい。

さ、流石の鈴置さんラブパワーです!!

資格コレクターの自分が認定証を差し上げたいくらいです。(笑)

明日は、ブライトさんを大画面で再び! ですね!

Commented by m_n_erin at 2017-09-04 06:39
昨日はありがとうございました。

>認定証を差し上げたい
なるほど、そういうことだったのですね(笑)

大画面でのブライトさんの感想は、次の投稿で。


<< スクリーンで逆襲のシャア 再び0096のブライトさん >>