カテゴリ:鈴置さんのBL( 11 )

Sweet Dragon Ⅲ

ここにアップしていないCDが何枚かあります。

入手したきり聴けてないものもあれば、
何回も聴いているのに書けないものも。

BLだと、内容はもちろんタイトルを書くのにも躊躇するものもあったりして。
好きなんだけどなぁ、「大きなバイブの舎の下で」とかさ。←書いてる(笑)

さて。
今日は、買ったきり積んでいたCDを聴いてみました。

f0023813_23002107.jpg
スイートドラゴンⅢ (2002年)

3です。1と2は手元にありません。
2は捜索中だけど、1は探してない。

何故か。
鈴置さんが出ているのが、2と3だからです。

2が見つかるのを待ってたんだけどね、見つからないから3を聴いちゃう。

王子ひろか(結城比呂)を守るため、命をも投げ出すドラゴン・リリー(水木竜司)。
リリーの命が危ない!愛するリリーの危機にひろかは‥ スイートドラゴンシリーズ感動の最終章。

だそうです。
ファンタジーですね。人間界と精霊の国が出てくる。

これまでの話を知らないし、登場人物が多くて、よくわからない。
数えたら、声優さん25人もいた。
今日日、劇場アニメだってそんなにキャスティングしないんじゃない? BLCDで25人はすごいな。

鈴置さんは、ダークナイト。
闇の王。精霊の国の夜の部分を支配している。
王子が不在の闇の時代が終わったことを不満に思い、再び精霊の国を我がものにしようと目論んでいる。(キャラ紹介より)

黒い鈴置さん。
得意の「フッ」系。
冷たくて、怖くて、かっこいいです。

しかも、なんと、歌ってます!
f0023813_23004562.jpg
ダークナイト 〜プロローグ挿入歌〜
1番が鈴置さん。
かっこいい!

こんな歌があったこと、全然知らなかったから驚きました。
いやあ、これはいいCDだわ。

BLなんだけど、BLっぽくないです。
ラブシーン無いし(あったかな?)
騎士とお姫さまの恋愛も出てくるし。
普通にファンタジー。

これを書きながら二回目を聴いたら、ストーリーを理解したくなってきた。

鈴置さんは出ていないけど、1も探してみようかな。

[PR]
by m_n_erin | 2017-03-24 23:54 | 鈴置さんのBL | Comments(1)

永田町一丁目七番地

劇場版ゼータⅢのブライトさんの記事を書いてるんですが、なんだかものすごく画像が多くなってしまい、書き終わりません。

なので、先にこちらから。

持ってるBLCDの中では、これが一番古いのかな?
f0023813_11163775.jpg
永田町一丁目七番地  1994年

タイトル見たらわかりますよね。
国会議員です。どちらも先生。
田中秀幸さんと堀川りょうさん。
ウッディ大尉とコウ・ウラキ←オイッ

BLだけど、淡い恋。
原作コミックも読んだけど、キス止まり。
5巻完結なのに、両思いだと気付いたのは3巻だし。ほんわか。

イメージアルバムです。
街頭演説、秘書へのインタビュー、堀川さんの歌、ミニドラマが2本。

イヤホンしなくても聴ける!(笑)

鈴置さんの役は、第一秘書の田山さん。
突撃インタビューでたくさん話してます。
落ち着いてて、理解があって、ユーモアもある。おいしい役ですね。
f0023813_17033245.jpg
めがねが田山さん。

しかし、94年て。22年前か。
BLなんてことばは無かったんだろうな。

このアルバムならお部屋で普通に流していても、腐ってるとばれませんよ。たぶん。


[PR]
by m_n_erin | 2016-10-29 06:10 | 鈴置さんのBL | Comments(0)

名前は違っても。

さてと。
BLに戻ります。

今回のCD。

f0023813_09512995.jpg
画像は、加工。
タイトルも書きません。

絶対に鈴置さんなんだけど、名前は鈴置さんじゃないんです。違う名前でクレジットされています。

まあ、私でも辿り着けたんだから、調べればわかると思います。
が、何らかの理由があっての別名義でしょうから、それを鑑みて。


クールビューティーな生徒会役員と、小柄で元気な陸上部員。ふたりに学園理事長の魔の手が迫る。

他のカップリングもあるけど、ざっと書けばこんなストーリー。

鈴置さんはクールビューティー。
高校2年生!

BLの鈴置さんのイメージって
大人、フッと笑う、冷静沈着、背が高い、もちろん男前、黒髪、優秀。

そこに、お金持ちとか社長とかエリートとか鬼畜だけどやさしいとかの付加価値がプラスされるんだけど、大抵の場合、

鈴置さんは「年上」なのですよ。

大人の鈴置さんと、年下の恋人。
旦那さま、アナリスト、パール、ボーイズライフ、110番、宝裸(まだ書いてないけど)
みんな年の差カップル。

「色男はお金がお好き」(これもまだ書いてない)は同じ年齢だけど、立場は完全に上下ができている。

攻めと受けの年齢も立場も同じなのは「鼓ヶ淵」と、このCDくらいじゃないかな。

鈴置さんは高校2年生で、相手も高校2年生。
鈴置さんは大人っぽくて、相手は無邪気。
けど、お互い相手の弱いところを解っていて、相手を守ろうとする。
つまり、対等な関係。

話し方がね、やさしいの。穏やか。
声が若い。
ベッドシーンも若いから余裕がなくて、それがいいなぁ、かわいいなと。

「若い」と書いたけど、2003年の作品なので鈴置さんは53歳。実際は若くないです。
若々しい青年の演技もできる、ってことがすごい。

高校生の鈴置さん、いいなぁ。
貴重だなぁ。

と思ったけど、ブライトさんもファーストでは19才なのだった(笑)

はっ、キャプテン翼の日向くんは小学生か。
もっと貴重なのでした。
日向くん、小学生には思えないけどね。

[PR]
by m_n_erin | 2016-10-11 14:39 | 鈴置さんのBL | Comments(0)

こんな上司に騙されて

お仕事をちゃんとする人が好きです。
たとえファンタジーの世界でもね。

そんなこんなで、今回のCDはちゃんとお仕事してます。
… してるのか?
f0023813_11391406.jpg
こんな上司に騙されて 2000年
こんな上司に騙されて2 2003年

商社の社員と上司。
主役は伊藤健太郎さん。
恋人の上司は堀内賢雄さん。

ストーリーは、適度にコミカルで適度に真面目。
1枚目の記憶喪失を装うのはさすがに無いな、と思ったけど、まあまあいい感じ。
お仕事をちゃんとしているのがいいよね。そこ重要。
ちゃんとお仕事してるから、お仕事中のえっちも許せる、うん。

鈴置さんは黒崎部長。みんなをしっかり支えつつ、かつコミカルなところもあって、いいです。
同じ上司役でも、前回の110番の氷室署長とは大違い(笑)

2枚目のフリトの司会は結城比呂さん。
この人、知らないけどいいな。初々しさと地雷の踏み具合とスルリと懐に入り込むのがなんとも(笑)

和彦さんに「ディレクターさんから、和彦さんがしゃべると爽やか!ということばが」と話したら、
和彦さん
「爽やかに。って言われたの」
あーあ(笑)
後ろで「ずいぶん違うな」と笑ってるのは鈴置さんかな。

和彦さんの役は、主役の高校の先輩で、今は取引先。いい役。
ディレクターさんの指示どおりに爽やかでしたよ。

結城さんから鈴置さんに質問。
欲しいと思うものはパッと取る方?ちょっと様子を見る方?

「じっくり様子を見ますね、ぼくは」だそうです。「なんにおいても、じっくり。」←この言い方、いやらしいぞ。

賢雄さんいわく、
朝早くスタジオ入りしたら、鈴置さんがワッと入ってきて「今日おれはよう、絡みがないんだよー」と宣ったとのこと。

鈴置さん「そんな口調じゃなかったぞ」
賢雄さん「こんなそんなべらんめえ調じゃなかったですね、『今日ぼくは絡みがないんだよー』」
そんな朗々と(笑)

絡みの無い人は元気だそうです。
そりゃ疲れるよね、あれは体力仕事だ。

お仕事をしてる人が好きですよ。
もちろん現実の世界でも(笑)

さっ、私も仕事しよ。

[PR]
by m_n_erin | 2016-10-07 11:21 | 鈴置さんのBL | Comments(0)

110番は甘い鼓動

鈴置さんのBLCDの6回目。
これで12枚。

まだありますよ(笑)
f0023813_20341396.jpg
110番は甘い鼓動 2001年

110番シリーズの2枚目だけど、鈴置さんの出てない1枚目はスルー。潔い。←でしょ?

地域課のお巡りさんから刑事になった和ちゃんと、恋人でフラワーショップ経営の薫さん。

童顔な刑事さんは緑川さんで、
お花屋さんはみきしんさん。
先輩刑事は、和彦さんに立木文彦さん。
中原茂さんも出てます。
そして、我らの鈴置さんは警察署長、氷室です。

定番のいい声がいっぱい。
なんだけど、私、このCD、初めは嫌いでした。

話があまりにひどい。

薫さんは「和ちゃん、和ちゃん」としつこくて、神出鬼没。ストーカーみたい。
流されっぱなしの和ちゃんもおかしい。
取調室でとか、張り込み中にいちゃつくなんてありえない。

仕事中はちゃんと仕事をしてほしいのですよ。
たとえファンタジーのBLと言えども。

鈴置さんは、怪しい。
「フッ」と笑う、鈴置さんらしい役。

フリートークで鈴置さん
「この氷室って人は、おはよう、でも、こんにちは、でもなく、こんばんはっていう感じの謎めいた人でした」(笑)
夜のイメージね。
緑川くんと絡みます。特典CDも入れると、2回もいたしてます。
ある意味、安定(笑)

和彦さんは、緑川さんの役が「和ちゃん」なので、「和ちゃん」と言われるたびに自分のことかとビクビクして参ったそう。
リアル和ちゃん、かわいい。

てことで。
いい声がいっぱいだから、深く考えなければ楽しめます。
なので、今はそんなに嫌いじゃないです。

2001年だから、これが緑川くんと初絡み?

と思ったけど、この110番は12月で、いじわるなパール♡が9月だから、パールの方が早い?
どちらの録音が先かわからないけど、最初に鈴置さんと緑川さんでカップリングした人を表彰したいです(笑)

[PR]
by m_n_erin | 2016-10-06 21:25 | 鈴置さんのBL | Comments(0)

オープン・セサミ

これまで紹介してきたBLは鈴置さんがメインカップルでしたが、今回はちがいます。

鈴置さんは脇です。
けど、これは好き。
声優さんのすごさを思い知らされます。

オープン・セサミ 1999年
f0023813_17054706.jpg

穏やかでやさしい性格の若手俳優・由貴(よしたか) 
由貴の中に4つの別人格が現れる。

由貴は三木眞一郎さん。
別人格の4人も、みきしんさん。

理知的な主人格の佳樹、女性のユキ、乱暴な牙、そして五歳のたっくん。

みきしんさんは由貴も合わせると5人を演じてるんだけど、ちゃんと誰だかわかるの。

女性のユキと、子どものたっくん、粗野な牙は特徴的だからともかく、由貴と佳樹は同年代でトーンが低め。差はない。
でも、今はどっちなのかはっきりわかる。

絵も動きのない中、声だけで伝わる。
すごい。
みきしんさん、すごい。

由貴を救おうするプロダクション副社長でマネージャーの拓磨は、賢雄さん。
拓磨の兄でプロダクション社長が鈴置さん。
精神科医が中原茂さん。

よくもまあこんなにややこしい話を1時間ちょっとでまとめたと思いますけど、その分、賢雄さんとみきしんさんの関係があっさりしすぎ。
BLなのに、もったいない。
鈴置さんと中原さんもなんかあったんだろうな、と思わせるけど答えは無し。
BLなのに、もったいない。

みきしんさんの演じ分け、賢雄さんの必死さ。
鈴置さんの男前声(怒鳴り散らしてるけど)、中原さんの穏やかな声。
鈴置さんメインじゃないけど、このCDは好きなのです。

フリートークは和やかに。穏やかに。
賢雄さん「鈴置さんと濡れ場がなくてよかった」ってなんですか(笑)

「1時間飲んで11時。2時間飲んで12時。
賢雄、5時間飲むと何時だ?」と鈴置さん。

いいCDです。

[PR]
by m_n_erin | 2016-10-03 17:55 | 鈴置さんのBL | Comments(0)

BOYS LIFE 完全版

ここは普段、20から30のページビューなんですが、いきなり199なんて日があったのでびっくりしました。

BL効果?
すごいね。

そんなこんなで鈴置さんのBL4回目。
f0023813_08262308.jpg
BOYS LIFE 完全版  
2003年の2枚組。

1枚目と2枚目は違うお話。
1枚目がタイトルのBOYS LIFE完全版で、
2枚目がTHE ONRY WISH と LAST PARTNER

鈴置さんは THE ONRY WISHに出ています。
なので、2枚目しかリピートしてません。
(鈴置さんどうこうじゃなくて1枚目は話が好きじゃないの‥)

18歳のレスリーと冷たい父親ロイ。父の元から離れるためレスリーは、ロイの友人と寝て偽造パスポートを手に入れる。そのことを知ったロイは、レスリーに事実を告げる。

鈴置さんは父親ロイ。
息子レスリーは、杉田智和さん。
ロイの友人ジェイクは十郎太さん。

この話、ものすごくいいです。
まるで一本の映画のよう。
鈴置さんも杉田さんもめちゃくちゃいい。
かわいそうで、切なくて、泣きました。

回想シーンでは鈴置さんはまったく違う善人の声。
あの声の人があれだけ冷たく変わってしまう。
それだけで苦しさの大きさがわかる。

杉田さんも、子どもの時の声は本当に子どもで。明るくて、幸せそう。

声だけで、しっかり絵が見える。
ふたりともすごい。

ふたりの間にいる十郎太さんのジェイク。
去り際のレスリーのことばが、次のラストパートナーにつながります。

そちらは、ジェイクと緑川くんのウィルのお話。
こっちもシリアスな話だけど、十郎太さんがちょっと三の線も入ってて、微笑ましい。
過去シーンの19歳十郎太さんはハンサムボイス!
十郎太さんに翻弄される緑川くんはかわいい。
基本シリアスだから、明るい場面がうれしい。

鈴置さんと杉田さん。
十郎太さんと緑川くん。
どちらの話もすてき。
上質な映画のような一枚です。

さて。
これで終われば、映画のようにすてきなCDなのね(、BLだけど。)となるんですが、このCDにはもうひとつ大きなお楽しみがあるのです。

それは、フリートーク。
十郎太さんの司会で、鈴置さん、杉田さん、緑川くん。
このフリトで、鈴置さんが驚きの発言。

「今日は初めての相手だったからね。俺はいつも緑川専用の男だったんだけど、緑川以外のヤツとやってしまった。新鮮な気持ちと、どっかでこう緑川にすまないなぁって気持ちと。なんか複雑な気持ちが入り組んでましたね。」

緑 川 専 用 の 男 !

緑川専用の男ですよ、緑川専用!

しかも、緑川以外のヤツとやってしまった、緑川にすまない、って。

なに緑川くんに操を立ててるんですか。
鈴置さん、どんだけ緑川くんが好きなんだ。
後ろでコロコロ笑う緑川くん、かわいい。

十郎太さんが

「鈴置さんはですね、ボーイズの時は必ずその日のお相手の方にスタジオに入る時に『今日はたっぷりかわいがってやるぞ』と言うそうです。それで一気にボーイズモードに入っていけるそう」

後ろで緑川くんがケラケラ笑ってます。
言われてるんだろうな(笑)
男前だなぁ、鈴置さん。

杉田さん
「緊張していたら、鈴置さんが『君がレスリーかい?』とぼくの緊張を解いてくれた」

みんなが「それで緊張が解けるのか? 」「君がレスリーかい?」と鈴置さんの声真似をしてた。

緑川くんは
「ぼくはこの手の作品では鈴置さんとからませていただくことが多いので、一切からんでないのは寂しいな」と。
緑川くんも鈴置さん好きだねぇ。

十郎太さん
「俺さ、緑川くんとしちゃったことあったっけ?あるよね? いっぱいあったよね。杉田くんとは初だよね?はじめてだよね」

いったいそれはなんの確認なんだ?
そして、

「ぼくは鈴置先輩とはしてないですよね?」

してたら怖いわ!

鈴置さんの答えは
「そのうちしてやるよ」
!!!

しかも
「むちゃくちゃにしてやる」

///いやーん

鈴置さんがむちゃくちゃにするってことはブラヘンなのか? いや、強気なブライトさんでヘンブラってのもありだな。そっちが好みだ。←ってオイッ。

そんな感じで。(どんな感じだ)
泣ける上に、ニマニマできる1枚です。
f0023813_14185761.jpg

…やっぱブラヘンよりヘンブラだよね。←まだ言う。


[PR]
by m_n_erin | 2016-09-23 14:22 | 鈴置さんのBL | Comments(0)

アナリストの憂鬱

鈴置さんのBL3回目。
アナリストの憂鬱シリーズ
f0023813_12370059.jpg
恋のリスクは犯せない 2001年
誘惑のターゲットプライス 2002年
愛と欲望の金融街 2004年
愛のレイティングAAA 2006年

アナリストの憂鬱シリーズですから最初に「アナリストの憂鬱」があるんですが、キャストが違うので聞いてません。
レーベルの変更で、塩沢兼人さんと三木眞一郎さんから、鈴置さんと緑川さんに変わったの。
なので、鈴置さんご出演の恋のリスクから集めてます。

スミス・シェファード証券経済研究所のアナリスト邦彦が、ワシザキリサーチインスティチュート社長で伝説のストラテジスト鷲崎に出会い、翻弄されながらも愛も仕事も高めていく。

邦彦は緑川さん。
鷲崎は鈴置さん。

この組み合わせは前回のパールシリーズと同じなんだけど、同じキャストだとは思えないくらい違うんです。

特に緑川さん。
声の高さ、トーン、話し方、全部違う。
パールの郁実くんと邦彦は、はっきり別人。
緑川さん、うまい! すごい!

BLなんだけど、しっかりお仕事してます。
ほぼ、お仕事。邦彦、めっちゃ働いてます。鷲崎も忙しいです。
大きな仕事を任せられて、忙しくてなかなか会えない、誤解や嫉妬に苦しみながらも目的達成を目指し、そして仲直り。そんな感じ。

作者のご主人が証券会社だそうで、証券業界の雰囲気がわかります。ホンモノ知らないけど(笑)
ちなみに、アナリストシリーズは、同じ作者の「銀行員シリーズ」とリンクしていて、そちらのキャスト(和彦さん、十郎太さん)も話に絡んできます。
作者は銀行員だったそう。銀行の中の話、わかる、わかる!←これはわかるの、私も元銀行(笑)

NY本社でのスピーチを成功させる、主幹事を取る、経済書の執筆など、大きな目標に向かってしっかり取り組むお仕事ドラマ。
仕事は生きるために必要なんだから、しっかり仕事をしているアナリストシリーズは好感が持てます。

えっちな場面は多くはないけど、その分濃い。
鷲崎は邦彦から「エロオヤジ!」と呼ばれるくらいネチネチしてて、邦彦は反発しつつもいい声出してる。
ふたりとも普段は大人で落ち着いてるんだけど、ふたりきりになると我を忘れちゃう。
そのギャップに萌える。

大人でかっこいい鈴置さんの鷲崎に、美人だけど気が強い緑川さんの邦彦。
そして、
子安さんの鳥海、森川さんのジェフリー、和彦さんの林、十郎太さんの椿本先輩、勝生真沙子さんの西山さん(鷲崎の別れた奥さんで、いい役!)

原作を銀行員シリーズも含めて全部読んだこともあり、アナリストシリーズに愛着があります。
鈴置さんの出てるBLで一番好きなのはアナリストシリーズです。

シリーズ完結編「愛のレイティングAAA」は、鈴置さんの体調不良でレコーディングが延びたため発売も1ヶ月遅れました。

発売は2006年7月20日。
鈴置さんが亡くなったのは8月6日です。

CDの鈴置さんはとてもいい声だし、フリートークでもたくさんおしゃべりしてる。
とても、ご病気とは思えない。

特典ファンブックのインタビューでは、

インタビュアー「意外と邦彦も強いですよね。仕事上では鷲崎が絶対上なんだけど、プライベートになると主導権を握ってる」

「実はもう尻に敷いてんじゃないかな、とは確かに思ってました」
という緑川さんのことばに、
鈴置さんは
「意味深だねー、尻に敷いてる」
全員爆笑

ちょっ!
想像してしまったじゃないですか!

他にも、

ドラゴンボールは緑川くんとこういう関係になる前だから、これ(CD)を聴いていただいて、もう一回ドラゴンボールを…

周りから、
ダメですよ!想像しちゃうからダメです!
と止められたり。

サービス満載。
ご機嫌だったのかな。
f0023813_13313325.jpg
ファンブックのコメントも前向きです。

最後のBL作品。
そう思うと寂しくなって聴くのを躊躇するんだけど。ほんととてもいいCD。

鈴置さんは、自分のことを「緑川専用の男」と言ってらしたから、最後の作品も緑川さんといっしょでよかったです。

緑川専用の話は、また後日に。(笑)

[PR]
by m_n_erin | 2016-09-18 10:18 | 鈴置さんのBL | Comments(0)

いじわるなパール♡

鈴置さんのBLの2回目は、
いじわるなパール♡シリーズ。

f0023813_11474279.jpg
いじわるなパール♡ 2001年
よくばりなパール♡ 2002年
わがままなパール♡ 2003年
きまぐれなパール♡ 2004年

ホストで経営者の雅弥と、高校生の郁実。
雅弥が鈴置さんで、郁実は緑川光さん。

実はこれが、私が初めて聴いた鈴置さんのBLなんだけど。

ぶっ飛びました。

エロい。エロすぎ。
BL初心者は手を出してはいけません。

鈴置さんのかすれる低音。
緑川さんのかわいい声。
ふたりとも甘くて、とろけそう。
ストーリーは単純明快。
明るい。

ふたりがひたすらいたしてます。
それもひたすら話しながら。
アニメとちがって絵がないから、話さないとわからないもんね。
いいな、CDドラマって。

めちゃめちゃエロいんだけど、愛があるから不快じゃないです。

好きですよ、このシリーズ。
あんまり大きな声じゃ言えませんけど(笑)

f0023813_12300712.jpg
鈴置さんと緑川くん、なかよし。
手つなぎ。いいなぁ。

[PR]
by m_n_erin | 2016-09-17 11:39 | 鈴置さんのBL | Comments(0)

旦那さま、お手をどうぞ

では。
鈴置さんご出演のBLCDコレクションに行きましょうか。

たくさんあるんですが、まずは、これ。
f0023813_06341228.jpg
旦那さま、お手をどうぞ (2002年)

ライバル会社の社長宅に執事として入り込んだ遥と、人前に姿を現さない社長(旦那さま)

旦那さまが鈴置さん。

このCD、ネットでは「終わり方が唐突」「いきなり切れるから不良品かと思った」と不評。

「終わったな。次はおれの歌だ」「こういうのは歌があるもんだろう」と鈴置さんが歌うんだけど、

🎵君に この花 あげるから

これだけで終わっちゃう。
これが「唐突」「不良品?」と言われるゆえん。

本編が終わった後のオマケなんだけど、二人が役の声のまんまだから、終わったと思わない人が「なんで歌う?」「なんで途中?」と感じるんだろうな。

鈴置さんは、冷たいと見せかけて、本当は裏切りに傷付いていた寂しい人。執事の遥を大切に思ってる。

前にここにも書いた
「おれは『ありがとう』と言いたかったんだ」は、旦那さまのセリフ。

鈴置さんのやさしいやさしい声。

BLだけど、切ない系でそんなにエロくないです。
って書いたけど、そんなことないや。
ベッドシーンはふたりとも色っぽい。

遥って名前になりたい。
遥って名前の人がうらやましい。

原作は小説。長く続いてました。10冊くらいある。
はい、全部集めました(笑)

1冊目しかCD化されてないけれど、2冊目以降も読んでいたらCDキャストの声で脳内再生される。

だから、鈴置さんはいなくても、鈴置さんの声は聴こえるんです、いつだって。

[PR]
by m_n_erin | 2016-09-17 06:30 | 鈴置さんのBL | Comments(0)