<   2017年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

amazonプライムビデオ観てます

年末にテレビ版のイデオンを見終わりました。

ダラムが、記憶よりも器量が狭かったな。
ハルルの元カレだから、もっといい男だと思ってたわ。

バッフクランとソロシップがあんなにもこじれたのは、登場人物のエゴのせい。

元凶はカララです。あの人がお姫様だったから。悪気がないから余計に悪い。

アバデデさまが、ギジェをかわいがるのは解るんだけど(あんなに美男子で素直な部下なら、私でもかわいがるわ)、もうちょっとダミドを立ててあげればよかったのよね。調子に乗らせて踊らせればよかったのよ。

ダミドを上手く使えなくて嫉妬させてしまったことが、アバデデさまの敗因であり、物事を膠着させた原因です。

ソロシップ側も、もっとみんながベスに従ってくれたらよかったのにね。
あんなに個性的で身勝手な人たちをまとめるのは、無理ですけど。
それでも、中盤以降はしっかりまとめていたから、ベスはすごいです。いい男。

解決の糸口は、案外たくさんあったのに、それをことごとく壊してしまうみなさん。
白旗のエピソードはその最たるもの。

あれって「違う常識を持った故の悲劇」だと見る前は思っていたけど(白旗=徹底抗戦だとは知ってた)、すぐに「間違ってる!」と気が付いて、正しい旗を揚げ直してる。なのに、ダミドは無視し、カーシャは攻撃! あかんやろ。

解決してしまえば、番組が1年持たないってのは解っていても歯がゆいです。

身勝手で思い出したけど、ソロシップはバッフクランから追われ、植民星から敵認定され、しかも地球連合軍からも攻撃される。

植民星が、ソロシップが来たから異星人に攻撃された、と憤るのは、まだ解る。
けど、敵である地球連合とバッフクランが手を結んでソロシップを攻撃するのには呆れた。

エゴばっか。
そりゃ、イデも発動するわ。

ベスとギジェが好きです。
ベスは文句無しにかっこいい。
真の主役はコスモじゃなくベスだと思う。

ギジェはイデに取り込まれた人。
破廉恥かも知れない。それは正直だから。

富野さんの「イデオンライナーノート」に、ソロシップは元々はメイフラワという名前の予定だったと書いてあった。
アフレコ直前にメイフラワが使えないと分かって、変更したそう。

ソロシップでよかったと思うよ。
メイフラワだと明るすぎる。
ソロシップの方が、ひとりぼっちで寂しいです。

そうでした。
ここはブライトさんと鈴置さんのブログなのでした。
イデオンに鈴置さんは出ていません。
なので、イデオンの感想を長々書いてはいけない。(書いた後で言う)

イデオンと同時にダイターン3も観てます。
けど、あまり進まない。
鈴置さんの万丈はすてきだけど、基本ギャグだし、テンポに気持ちがついていかないことが多くて。つい他のものを見てしまう。

なので、同時期に見始めたイデオンは観終わったのに、ダイターンは終わってない。

同じ理由で進まないのがガンダムΖΖ。
ギャグってのについていけない。
ブライトさん居るのにねぇ。

そうこうするうちに、amazonプライムビデオの見放題から、ダブルゼータが消えてしまいましたよ。
結局、最後まで観られなかったです。

実は、前もそうだったのよね。
レンタル落ちのビデオを全巻揃えたのに、見終わる前にビデオデッキが壊れた。

それでも、少しは観てるんですよ。

f0023813_14070315.jpg
鶏のいるお船。

f0023813_14072074.jpg
抱っこ。いいな。

f0023813_14081242.jpg
初めの頃。無事だったΖとジュドーにホッ。

f0023813_14082785.jpg
「朝メシを食わせてやるから、帰ってこい」
素っ気ないの。ホントはうれしいくせに。ツンデレ。

f0023813_14092172.jpg
初っ端の大好きなシーン。
ジュドーの乗ったΖを捕まえようと、プチモビに乗り込む。

f0023813_14094538.jpg
ワイヤーで倒して、捕まえた。

f0023813_14100966.jpg
ブライトさんってプチモビの操縦、上手いよね。逆シャアの時もそうだった。
ファーストでは、「(モビルスーツの操縦を)できるならやっている」と言っていたから、ファーストとΖの間の7年間で練習したんでしょうね。

f0023813_14102846.jpg
見えないところで努力してるんだろうな。
それってブライトさんっぽい。

f0023813_14085398.jpg
艦長越しに話すシーサー。
もうちょい敬いなさいな。

f0023813_18321067.jpg
再会したファに、どうしてダブリンへ来たのかと問われて
「煙に巻かれて涙を流しに来たのさ」
艦長らしくない含みのあるセリフ。

けど、本当に煙に巻かれて泣いていたから、含みなんてないのかも(笑)

f0023813_18243039.jpg
ダイターンはまだあるから、ぼちぼち観ます。

あとは気分でメガレンジャーを観たり
f0023813_08381530.jpg
(鈴置さんでてます)、

懐かしのデンジマンを観たり
f0023813_14475800.jpg
(デンジグリーンは内田直ちゃん! 中尾のトモちゃんも出てる!)。

ダブルゼータは、またそのうちに。
…たぶんね。

[PR]
by m_n_erin | 2017-02-23 18:42 | Captain Noa | Comments(2)

ふだんあまりテレビを見ないんだけど

付けっ放しのテレビから、池田秀一ヴォイス。
ドキッ。

鈴置さんファンだけど、ガノタにとってやっぱりシャアは特別。


[PR]
by m_n_erin | 2017-02-16 16:15 | Char? | Comments(6)

やあ。ロボットじゃないよ。オーガニック・エンフォーサーだよ。

今回はCDです。
鈴置さんのCD。
でも、BLじゃないです。腐ってません(笑)

f0023813_17442542.jpg
未来放浪ガルディーン 大歌劇。
1992年。

火浦功さんのライトノベル。
元々、ガルディーンってのは、ゆうきまさみさんの企画遊びから生まれたらしい。(Wikipediaより)

f0023813_17521403.jpg
ゆうきまさみで、田中公平で、山本正之で、とまとあき。

声優陣は、塩沢兼人、神谷明、鈴置洋孝、青野武、笠原弘子、川村万梨阿。(愛を込めて敬称略)

見事なまでに、究極超人あ〜る!

実際、ゆうき先生も、
「これは究極超人あ〜るの新作じゃありません」って書いてる。

あ〜るくんの楽しさを知っているから、ガルディーンも楽しくないわけないやろ。
と思って買ったら、予想通り面白かった。

壮大な交響詩(映画みたい)に、由緒正しきロボット物のテーマソング(作曲 井上大輔!)、イメージソングは、田中真弓ちゃん、川村万梨阿さん。

そして山本先生が、 植木等テイストで「宇宙一のスチャラカ男」を歌ってます。
山本先生、やっぱ 上手いわ。

ドラマも充実。ミニドラマはキャラ紹介。
そして、20分の「大怒涛」
これが笑えた。

納谷悟朗さんが船長のエイハブ・オキタで、
富山敬さんが軍人ヤマト・マーベリック!

神谷さんと青野さんもいるし、オキタ船長の捕鯨船には波動砲ならぬ波動モリが。

うちゅーうせんかんっ やーまー(略)

f0023813_17531970.jpg
メインキャラは、男っぽい女と、女に見える男、胡散臭い男、そして巨大ロボット。

巨大ロボットが出てくるのは、アニメ化狙いらしい。ちなみにメカデザインは出渕裕。νガンダム!

男として育てられた女の子コロナ・フレイヤーは、田中真弓ちゃん。
「俺の気持ちがお前にわかるかー!」

「うる星やつら」の竜之介がモデル。声もおんなじ。

中性的な男性 シャラは井上瑤さん。
セイラさんね。

胡散臭い男 スリム・ブラウンは、鈴置さん。
二枚目半ってところかな。

山本先生の歌う「宇宙一のスチャラカ男」とはスリムさんのことのようですね。

「フッ」系の声ではなく、鰯水さん系。
鰯水さんより、おっさんぽいけど(笑)


そして、巨大ロボットガルディーン。
これが、なんと塩沢兼人さんなのです。

「ガルちゃんって呼んで下さい」

「どうせしがない機械人形ですから。いじいじ」

なんともかわいいロボットさん。
塩沢さんだけど、もちろん「フッ」系じゃないです、あ〜るくん系。

「ロボットじゃないよ。オーガニック・エンフォーサーだよ」

これって、あ〜るくんの
「ロボットじゃないよ。アンドロイドだよ」のパクリだ。いや、オマージュか。作者も声も同じだからいいのか。

しかし。
鈴置さんと塩沢さんという「二大『フッ』声優」を使っておきながら、どちらの「フッ」も封じるとは。ある意味贅沢。もったいないおばけが出るぞ。

懐かしい声がいっぱい。親しみいっぱい。
楽しい作品でした。

f0023813_20311387.jpg
キャスト表。面白い。
あ〜るで さんごだった笠原さんの役が、コーラル(さんご)(笑)

鈴置さんは、イワッシ将軍で抜擢されたのね。

f0023813_20000887.jpg
写真があるけど、小さい。見辛い。

f0023813_20010943.jpg
アップにしたら、なんとかわかる。
41歳の鈴置さん。

(発売が1992年4月だから42なんだけど、半袖だから録音はもっと前。てことは3月の誕生日は来てない、42になってない、って推理。笑)

[PR]
by m_n_erin | 2017-02-10 21:19 | Captain Noa | Comments(5)

本の中の鈴置さん・その7

OUTが続きます。

前回のOUTが、1979年9月。
今回は、その少し前。5月と6月です。
f0023813_19543522.jpg
まず、5月号。
「春のTV新番組大情報」
テレビッ子たち集まれ〜‼︎

f0023813_19570182.jpg
新番組としてガンダムが載ってます。
ジオン公国に立ち向かうサイド7の仲間

f0023813_19593312.jpg
見開きで、物語の説明やキャラ紹介が載ってるんだけど、あちこちで「あれ?」

ミライさんの名前が、まだエイランド。
カイとリュウの絵が反対だし。
鈴置さんの名前が、洋高。
破嵐万才(笑)

「最年長ブライト・ノアも19才という年令で、博識で戦略面で天才的な才能を発揮する」

これ、絶対、艦長じゃない(断言)

そして、翌6月号。
「徹底詳解 異色アニメシリーズ」として、ザンボット、ダイターン、ガンダムを特集。

f0023813_20030267.jpg
前号のお詫びと訂正も、しっかり掲載。
読者からのハガキの半分に、間違いのことが書かれていたそうな。←9月号 鈴置さんのインタビューより

f0023813_20194384.jpg
アフレコレポもあり。
井上瑤さん、チャコさん、古谷さん、古川さん、池田さん、鵜飼さんとインタビューが載っているのに、

鈴置さんが、ない。
インタビューされなったのかな。残念。

f0023813_20240455.jpg
写真にはちゃんと居るのにね。

f0023813_20404794.jpg
謎のカット。どうしてこうなったんだろう?(笑)

[PR]
by m_n_erin | 2017-02-03 20:42 | 本の中の鈴置さん | Comments(4)