f0023813_17425009.jpeg

ロジャーラビット  1988年

ディズニーの合成アニメ。
ディズニーランドの「ロジャーラビットのカトゥーンスピン」の元ネタ(笑)

1947年のハリウッド。トゥーン(アニメキャラ)は実在していて、人間たちと暮らしている。
ロジャーラビットは、妻ジェシカの噂のためスランプ気味。撮影でもNGばかり。
私立探偵のエディが撮った密会写真が元で、殺人事件が起きる。エディはトゥーンを嫌っているが、ロジャーラビットを匿うはめになる。

CGではなくて、手書きアニメです。
30年前の作品だけど、今観てもすごい。
実写の中に、アニメが実在してる。

監督はバックトゥザ・フューチャーのロバート・ゼメキス、総指揮はスピルバーグ。

ちっちゃなお子さんには、少し怖いかな。
ディズニーランドのカトゥーンスピンも、暗くて怖いしね。
小学生なら大丈夫です。楽しめます。

けど、本当に楽しめるのは大人ですね。
ニヤリとできるところがいっぱいある。

ミッキー、ミニー、グーフィー、ドナルドを筆頭に、ダンボ、バンビ、白雪夢、ピノキオなどのディズニーキャラはもちろん、ベティ・ブープ、バックスバニー、トゥイーティーなど、他の会社のキャラも出ています。

撮影所の中をファンタジアのキャラたちが闊歩しているし、トゥーンタウンの景色はシリーシンフォニー。

インスタント穴や、脱出不能ロープのようなアニメのお約束にニヤリとできる。

「ギャラクシークエスト」がSFのオマージュだったように、これは「古きよき時代のアニメ」のオマージュですね。

ロジャーラビットは、山寺宏一さん。
山ちゃんにしては高めの声。
字幕版を観たら、元々のロジャーとすごく似てた。
つまり、元のロジャーの声の高さと合わせたんでしょうね。すごい。
ドナルドも出ているから、余計に山ちゃんのすごさを堪能できます。

一度観れば、ロジャーラビットのおもしろさや、山ちゃんのすごさはわかるし、十分楽しめるんですが、鈴置さんファンは鈴置さんを探さなければ。

鈴置さんは出てますが、最後に映るキャストでは役名の表示はありません。
役名の表示があるって、ほんの数人だもんな。

Wikipediaを見ると、鈴置さんはビッグバッドウルフになっています。
ビッグバッドウルフ。三匹のこぶたのオオカミ。

それで、前回(かなり前)はビッグバッドウルフを探しながら観たんだけど、どこに出ているのか気付けなかったのです。

リベンジして、わかりました。
やっぱり最後のところだったんだな。

f0023813_15592148.jpeg

f0023813_16004691.jpeg

f0023813_16010793.jpeg
ミッキー
「 奴はいったい何者だったんだろう?」

バックスバニー 
「これだけは言える。ウサギじゃなかった」

ダフィーダッグ「アヒルでもない」

f0023813_16014460.jpeg
グーフィー 「イヌでもない」
ピノキオ「木の人形でもない」

f0023813_16020267.jpeg
ビッグバッドウルフ「ヒツジでもない」
ウッドペッカー「ウッドペッカーでもない」
シルベスター「ネコでもない 」

ここか!

前のセリフに重なりながら一気に続くから、聞き取れてなかった。
しかも「オオカミ」ならまだしも「ヒツジ」だし。

何故「ヒツジ」かと言うと、ビッグバッドウルフは羊の皮を被ってるの。

f0023813_16220164.jpeg

f0023813_16223971.jpeg
脱いだら、ビッグバッドウルフ。

あー、よかった、よかった。
見つけた。

けど。

「ヒツジでもない」

これひとことだよ。
他の場面に、ビッグバッドウルフはいないよ。
(もしかしたら、気付いてないだけでいるかもしれない、けど声は出してないと思う)

これだけのために、鈴置さんを呼ぶか?
呼ばないよね。
鈴置さんには他の役があって、ビッグバッドウルフはそのついで、でしょう。

てことで、鈴置さんのメインの役を探さねば。
リベンジのリベンジ。
また最初から。

最初は短編アニメーション。
目を離した隙にキッチンに入り込んだ赤ちゃんとロジャーのドタバタ。

カーット!
の声がかかって、映画の撮影だったとわかる。

f0023813_16413003.jpeg
度重なるNGに怒る監督。
撮影中断。
出て行く監督に追いすがるロジャー。

うん?
あれ?
監督、鈴置さんなんじゃない?
鈴置さんだ!

イメージが違うから気付けなかったけど、よく聴くと鈴置さん。うん、わかる。

なんだ、こんな最初にいたんだ。

検索したんですが、監督ラウルの声が誰なのか書いてあるサイトは見つからなくて、鈴置さんだと書いてあるところも見つけられず。

けど、鈴置さんですよ。
わかります(^-^)

てことで。
タイトルは「ロジャーラビット(わかりましたよ)」
なのでした。

スッキリ(^-^)

[PR]
# by m_n_erin | 2018-02-25 17:10 | 鈴置さんのアニメ・洋画 | Comments(0)

パルプフィクション

鈴置さんのDVDを崩してます。

ミッション・トゥ・マーズ
デイズ・オブ・サンダー
マグノリアの花たち
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
オータム・イン・ニューヨーク
王立宇宙軍 オネアミスの翼

観たけど、アップしてないものたち。
一年以上前のもあるから、見直さなきゃ書けないな。


ここ2週間ほど、新しいDVDを観てません。
観るのは同じのばかり。

f0023813_09273197.jpeg
パルプ・フィクション
1994年。タランティーノ監督作品。

有名なのでタイトルと監督は知ってたけど、内容は知らず。

パンプキンとハニー・バニー
ビンセントとジュールス
マーセスとブッチ
ミアとビンセント

ダラダラと続く会話
時系列はバラバラ
思いがけない展開
緊張感と緩和
ビッグカフナバーガー食べたい
トイレ多いぞ、何回行ってるんだ?

見事にはまりましたよ。
お も し ろ す ぎ る。

「ギャラクシー・クエスト」は「感動」だったけど、こっちは感動じゃない、なんだろうな、

うん、わかった。
「快感」

もしくは
「快楽」

つまり、気持ちいい。

( ゚д゚) ←何度かこんな顔になったけどね。
開いた口が塞がらない状態。

鈴置さんは、ビンセント・ベガ。
ヨーロッパ帰りのギャング。
長髪のジョン・トラボルタ。

主役です。
かっこいい。
ヘタレだけど 笑

相棒のジュールスは、大塚明夫さん。
ふたりの会話が楽しい。
大塚さん、怖いよ。

もうひとりの主役のボクサーブッチは、ブルース・ウィリス。山寺宏一さん。
ギャングのボスは玄田哲章さんで、パンプキンは安原義人さん、友人ジミー(タランティーノだ)は立木文彦さん。

いい声ばかり。落ち着いて聴けます。

そうそう。
ギャングのボスの妻で、ビンセントと踊るミアは勝生真沙子さんなのです。

ブライトさんとレコアさん。
鷲崎さんと別れた奥さん。


有名な映画なので、検索したらいろんな情報が出てくるのです。
中には「本当なの?」と思う解説もあったけど、捉え方は人それぞれ。

知ってから観ると「ここか!」ってなるし、観るたびに気付きがあって楽しい。

つまり、はまってる、ってことです。

f0023813_23164079.jpeg
こんなもの、買ってしまいました。
ネットで見つけたTシャツ。
ビンセントとジュールス。
鈴置さんと大塚明夫さん。

かっこいいでしょ。
早く夏になれ。

Tシャツは、もう一枚ある。

f0023813_23191192.jpeg
同じシーン(笑)
スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る

[PR]
# by m_n_erin | 2018-02-17 23:27 | 鈴置さんのアニメ・洋画 | Comments(2)

X-ファイル

今も活躍されている方のファンならば、その人のホームページやSNSをチェックしたり、レギュラー番組のオンエア、雑誌などで同行を知るでしょう。

ファンサイトで情報を共有することもありますよね。

でも、もう居ない人は。
本人はなにも発信しません。
だから、ファンは残されたものをたどるだけ。

残されたものを、きちんとまとめてくれる方がいます。
Wikipediaだったり、BL CD wikiだったり、ファンサイトだったり。

「鈴置さんはここに出ていますよ」

そう教えてくれる人がいるのは、ホントありがたいです。

私は、そんな先輩たちの情報を元に鈴置さんをたどり、その感想をここに残しています。

ここを読んだ人が、ひとつでも多く鈴置さんの作品に触れてくれたらうれしいな、と思いつつ。

そんなこんなで、ありがたいWikipediaから得た情報を元に、また一作品。

「X-ファイル」
FBIの男女ふたりの捜査官が、心霊やUFOなどの不可思議事件を調査するドラマ。
日本でも流行りましたね。

f0023813_16131814.jpeg
鈴置さんが出ているのは2本。

シーズン7 11話 存在と時間part2
シーズン8 6話 レッドラム
どちらも2000年の放送

シーズン7では、心霊捜査官のハロルド。
FBIに捜査協力を願い出る。

X-ファイルは基本一話完結なんだけど、シーズン7の鈴置さんが出てる話は続き物なのですよね、だから話がイマイチわからなかった。ならpart 1も観ろよ、ってことですね。

主役は十郎太さん。いい声だ。(って鈴置さんの感想じゃない)

シーズン8では、検事のマーティン。
目がさめると留置所の中。妻殺害の容疑者になっていたが、記憶にない。
そして、目が覚めるたびに前日へと戻っていく。

話的には、こちらが好き。
殺害を止めるために尽力する。
結果。あれはハッピーエンドなのかな、どうかな、うーむ。

捜査官が芳忠さんに変わってました。
いい声だわ(おいっ)

「鈴置さんがX-ファイルに出てた」と知っても、それだけでは膨大な本数の中から探すことは無理。
Wikipediaに話数と役を書いてくれた人のおかげです。

100万の感謝を。


[PR]
# by m_n_erin | 2018-02-12 13:25 | 鈴置さんのアニメ・洋画 | Comments(2)

チャイルド・プレイ

前回の「ヒーロー 靴をなくした天使」での鈴置さんは、カメラマンのチャッキーでした。

チャッキー。
この名前で思い出す映画、ありませんか?

殺人人形チャッキーが出てくるホラー「チャイルド・プレイ」

f0023813_11134452.jpeg
チャッキーの顔が怖いから、自主規制。
(協力:しろねこさん)

殺人鬼の魂が宿った人形が、人間を襲う話。
1988年に1作目が作られ、続編も続々と作られている人気作。R15指定。

私、苦手なんですよ、怖いのは。
ホラーとか、オカルトとか、イヤ。
戦ったりするアクション物もあんまり好きじゃない。

けど、鈴置さんが出てるから観るのだ!

子どもたちに大人気のグッドガイ人形を6歳の誕生日にもらったアンディ。
チャッキーと名乗る人形には、殺人鬼チャールズの魂が宿っていた。
チャッキーはアンディや周りの人たちを襲っていく。

怖かったですよ。
昔なのに、上手くできてる。
「ここで出てくるだろうな」ってところで、ちゃんと出てくる。もしくは、ワンクッション置くけど出てくる。
安定の怖さ。

襲ってくる人形も怖いけど、信じてもらえなくて精神異常を疑われるのも怖い。
アンディとお母さんはもちろん、チャッキーと戦った刑事さんも周りから信じてもらえないんだろうなぁ。辛い。

さて、鈴置さん。
鈴置さんの役はですね。

チャッキーなのですよ。
はい、人形です。

殺人鬼チャールズと、チャールズの魂が宿ったチャッキー、どちらも鈴置さん。

なかなか怖いです。
口、悪いし。
f0023813_11381604.jpeg

続編もありますが、鈴置さんが吹き替えているのはこの1作目だけです。

[PR]
# by m_n_erin | 2018-02-07 11:09 | 鈴置さんのアニメ・洋画 | Comments(2)

またも鈴置さんの洋画。
続けて2本。

f0023813_22495886.jpeg
シュワルツェネッガー主演
キンダガートンコップ 1990年

鬼刑事キンブルが殺人事件解決のため、犯人の息子が通う幼稚園の先生になりすます。
凶悪犯以上のパワーの子どもたちにタジタジに。

f0023813_22550950.jpeg
公開時に劇場で観たけど、あまり覚えてなくて、新鮮な思いでDVD鑑賞。
シュワルツェネッガーの先生ぶりが楽しい。
子役たちは、芸達者。
フェレットって、この頃から居たんだねぇ。

鈴置さんの役は、クリスプ。
シュワルツェネッガーが追う犯人。

麻薬の売人で殺人犯でDVでマザコン。
クソですね。
鈴置さんは見事なクソぶりを発揮しました。

ちなみに、シュワちゃんは大塚明夫さん。
安心の声。

2本目
f0023813_23065438.jpeg
ダスティン・ホフマン主演
ヒーロー 靴をなくした天使
1992年

せこいコソ泥のバーニーは、目の前に墜落した飛行機から嫌々ながらも負傷者を救出し、乗客の財布を失敬して姿を消す。マスコミはバーニーが残した片方の靴を手がかりに謎のヒーロー探しを行う。名乗り出たのはハンサムなホームレスのババーだった。

おもしろかったです。
笑えるし、泣けた。

ヒーローってなんだろう。
マスコミが暴く果てに真実はあるのか。

これも好き。
いい話。
最初の会話が、ラストの伏線なのね。
最後の最後に、「そうなるか(笑)」

f0023813_00043853.jpeg
鈴置さんの役は、チャッキー。
チャンネル4のカメラマン。
過激なシーンを狙ってる。
笑いながら、スクープを撮る。
こいつもクソですわ。

てことで。
この2本は、どちらもすてき、どちらも好き。
そして、どちらの鈴置さんもクソでした。

褒めてるんですよ。

[PR]
# by m_n_erin | 2018-02-07 00:03 | 鈴置さんのアニメ・洋画 | Comments(0)

鈴置さんのDVDを、続けて2本。

f0023813_17204295.jpeg
まず、1本目。
ザ・シークレット・サービス 1993年

ジョン・F・ケネディを守れなかったシークレット・サービスが、現職大統領暗殺予告に立ち向かう。

主演はクリント・イーストウッド。
鈴置さんは、シークレットサービスのアル。
主役の相棒。
役者は、ディラン・マクダーモット。
「34丁目の奇跡」の弁護士さんをやった人です。

マクダーモットさんは、雰囲気が鈴置さんっぽいのです。
なので、声も合ってる。

いい役なんだけど。
思いがけず、途中で消えてしまいました
残念。

まぁ、鈴置さんがいなくても最後まで観ますけどね。テンションは落ちます。
f0023813_17480917.jpeg

続けて、2本目。
EAT-MAN '98 ①世界一の冒険屋

コミック原作の1998年のアニメ。
12本あるけど、話は独立していて、鈴置さんが出るのはこれだけっぽい。
(違ってたら教えて下さい)

主役のボルトは、鉄の武器をムシャムシャ食べて、後で体から出すことができる。
寡黙と鉄喰いのダンディズム。

鈴置さんはハード。
ボルトを捕まえた側の人間。

f0023813_17553379.jpeg
長身で黒髪でクール。

f0023813_18272539.jpeg

f0023813_18274974.jpeg

f0023813_18280943.jpeg
かっこいいキャラでした。
鈴置さんぽいよね。

鈴置さんのDVDは、まだまだ続きます。
ギャラクエくらい気に入ったものも見つけました!
乞うご期待。

[PR]
# by m_n_erin | 2018-02-06 19:35 | 鈴置さんのアニメ・洋画 | Comments(0)

鈴置さんの洋画を観まくってます。

ギャラクシー・クエストのように鈴置さん万歳!な作品もあれば、鈴置さんがあんまり出てなくてガッカリもあるし、出番は少ないけど好きなのもあります。

かっこいい役、悪役、クソな役(笑)
鈴置さんをたどる旅は楽しい。

でも、今日はガンダム。
洋画はまたそのうちに。

劇場版から省かれたところを観よう。
ってことで、機動戦士ガンダム 4話「ルナツー脱出作戦」

劇場版では、大部分カットされてます。

この話、絵が良くない。

f0023813_14112452.jpeg
て言うか、ひどい(笑)

併せて、ブライトさんの白目率が高い。

f0023813_14115105.jpeg
ふたりそろって白目さん。

f0023813_14122311.jpeg
しかも、まんまる。

ソロモン寄港、ブライトさんたち拘束、ガンダム封印。
シャアの攻撃に乗じて、抜け出すブライトさんたち。

f0023813_14131397.jpeg
言い争うフラウと連邦軍兵士の間のキッカ。
何かに気付いた。

f0023813_14134548.jpeg

f0023813_14143519.jpeg
合図をするアムロ。
キッカ、よく見えるね。

f0023813_14154886.jpeg
ぱーっと笑顔に。

f0023813_14210851.jpeg
手を挙げ、了解!

f0023813_14214948.jpeg
連邦軍兵士の足を踏みつける

f0023813_14221392.jpeg
瞬時に理解して行動。
キッカは、お利口さんだね。

f0023813_14224491.jpeg
ぴゅいーーん! ←効果音

f0023813_14232017.jpeg
隙を見て攻撃をしかけるブライトさんとアムロ

f0023813_14234177.jpeg
飛び蹴り成功。
あの距離を飛んだのね。
ルナツーって重力どうなってるんだろ?

f0023813_14241553.jpeg
ガンダムの封印を解くアムロに、ワッケインさんが中止を迫る。
降りて行き、立ち向かうブライトさん。

f0023813_14243367.jpeg
「反逆罪は覚悟の上です、ワッケイン指令」

f0023813_14245512.jpeg
「あなたの敵はジオン軍なんですか?
それとも私たちなんですか?」

ブライトさんは、まっすぐ。
かっこいい。
白目だけど。

f0023813_14255846.jpeg
パイロット型のノーマルスーツ姿は珍しいですよね。 
ゼータでジオン軍のノーマルスーツを着たことはありましたけど、連邦軍のはこの回だけかな。

「いかにも宇宙服」って感じの、ころころしたノーマルスーツ姿のブライトさんが好きなんですけど、これはこれでお似合い。

f0023813_14252681.jpeg
いい男は、何を着ても似合うのね。
というお話でした。 (チガウ)

[PR]
# by m_n_erin | 2018-02-03 08:08 | 1st | Comments(0)

オリジンの前売りを、買ってきました。

f0023813_21071373.jpeg
劇場前売り券 第2弾
特典は、アムロ・レイ リール付きIDストラップ。
ムビチケのデザインはシャア。

f0023813_21120222.jpeg
フライヤーも入手。
おなじみの顔ばかり。うれしいです。

ホワイトベースに連邦軍のマークが入ってます。
無い方がいいのに。

ブライトさん、いました。
小さいから、拡大。

f0023813_21175863.jpeg
うんうん。真面目そう。まっすぐだ。
凛々しいですよ、士官候補生さん。
動くのが楽しみです。

ところで、1枚目の写真。
なんでコウペンちゃんと一緒かと言うと、前売りを買ってからコウペンちゃんカフェに行ったためです。

f0023813_21215502.jpeg
関西初のコウペンちゃんカフェは、 阪急うめだ。
なんでも肯定してくれる、コウテイペンギンのコウペンちゃん。癒されました。


ついでですよ、ついで。

どっちが?とは訊かないで下さいね(笑)


[PR]
# by m_n_erin | 2018-01-30 21:03 | ORIGIN | Comments(2)

「ガンダム ジ オリジン 誕生 赤い彗星」の第2弾予告に、ブライトさんがいました。

ブルーレイのパッケージにブライトさんがいたから、出るんだろうなとは思ってましたが、ホントに出ますね。うれしいです。

f0023813_08115698.jpeg
アニメのオリジンブライトさん。
初めまして。

f0023813_08121882.jpeg
ホワイトベース。

f0023813_08124752.jpeg
声は成田さん。
よかったです。

オリジン、好き。
ブライトさんは大好き。
鈴置さんラヴァーだけど、成田さんのブライトさんも好き。

けど、私はオリジンの映像化は、ここまででいい。
ファーストに被らないでほしい。
それが本心。

まあ、先のことはまだわかりませんけど。
とりあえず、5月を待ちましょう。

f0023813_08113534.jpeg
大画面でブライトさんに会えるまで、あと3ヶ月ちょっと。楽しみです。


スカパー!

冬の5大テーマ祭り「アニメ」をもっと見る

[PR]
# by m_n_erin | 2018-01-25 15:29 | ORIGIN | Comments(2)

Never give up! Never surrender!


f0023813_18315932.jpeg
ギャラクシー・クエスト
1999年

・SF
・コメディ
・主役は鈴置さん

観る前に得た情報は、これだけ。
DVDのパッケージは、ときめかない。

…鈴置さんの役、結構おっさんだな。
クルーズさんやディラン・マクダーモットとは大違い。

けど、
これが、

ものすごく良かったのです!
面白い。
そして、感動!

往年のテレビシリーズ「ギャラクシー・クエスト」は、熱狂的なファンを持つSF作品。
これを歴史ドキュメンタリーと勘違いした宇宙人により、出演者たちは宇宙戦争に巻き込まれてしまう。

ストーリーを書くと、「いかにもコメディ」「B級SF」のようですが、とんでもない!

そう見せかけてるんです、わざとです、上手くできてます。

「スタートレック」のパロディのようですね。
スタートレックはスポックくらいしか知らない私でも楽しめたから、全く知らなくても問題ないです。

f0023813_19090456.jpeg
鈴置さんは、テレビシリーズでタガート艦長をやったジェイソンって役者の役。

ティム・アレン。
トイストーリーのバス・ライトイヤー。

過去の栄光、やりたくない仕事、うっとおしいくらい熱心なファンたち(苦笑)

やっつけ仕事をしていたジェイソンが、数々の危機を乗り越えるうちに本物の艦長に、本物の役者になっていく。

鈴置さんね、声が変わっていくの。
最初はすっごく薄いの。いい加減。

ファンイベントで、艦長として登場しても、セリフが軽い。
タイトルの「ネバーギブアップ!望みを捨てるな!」は、艦長の名セリフなんだけど、ステージで言うそのことばに心はない。

それが、だんだんと熱くなっていく。
鈴置さんの声が、艦長らしくなっていく。
鈴置さんには艦長が似合う。

それは、他の役者たちにも言えること。
みんなが成長するのです。

f0023813_19513852.jpeg
ドクター役のアレックス。
元イギリスの舞台俳優でプライドが高く、へんなカツラ(トカゲ頭)で演じることに屈辱を感じてる。

この人、ハリーポッターのスネイプ先生です。
声は石塚運昇さん。メランさんだ。
ブライトさんにはメランさん。

f0023813_20011038.jpeg
マディソン少佐役のグレン。
こちらは、小山茉美ちゃん。

ガノタ的にはブライトとキシリアなんだろうけど、
わたし的にはゴーショーグンだな、真吾とレミー。
茉美ちゃんはキュートだ。

コメディなSF。
まさかこんなにハマるとは思わなかったです。

大好きだ。 広めたい!

最初の写真のDVDパッケージもだけど、キービジュアルがどれもイマイチなんですよねぇ。

f0023813_20411630.jpeg
こんな映画じゃない。

f0023813_20421908.jpeg
これだとかっこよさが伝わんない。

f0023813_20535778.jpeg
でも、こっちじゃ面白さはないな。

f0023813_20423237.jpeg
うーむ。微妙。


観たら良さはわかるはず。
オタクなら特にね。
(SFに限らず、なんのオタクでも)

f0023813_21164822.jpeg
かっこいいです、艦長♡

スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る

[PR]
# by m_n_erin | 2018-01-23 20:22 | 鈴置さんのアニメ・洋画 | Comments(0)

前回の続きで、コロコロポロン 。
今度はブタです。

と、言いつつ。
まずは、こちら。

f0023813_13523618.jpeg
「出発! ジンゴロー探検隊」

いっちょまえの女神になりたいポロンちゃん。
ポロンの夢に、女神の中の女神さまが現れる。

f0023813_13525422.jpeg
がんばるポロンに、魔法の髪飾りミラクルボンボンのありかを教える。

f0023813_13533202.jpeg
女神の中の女神さまの指示で、探検隊に入るポロン、エロース、ついでにガヒル。

鈴置さんは、この隊長です。
イアン隊長。
軽めだけど、鈴置さんだとわかる声。

タイトルは「ジンゴロー探検隊」なんだけど、ジンゴローは船造りの名人で(左甚五郎ですね)、隊長はイアン。
だから「イアン探検隊」になるべきだと思うんだけどな。

f0023813_13540188.jpeg
嵐や怪鳥ハッピー(ハーピーに非ず)に遭いながらも、ポロンはミラクルボンボンをゲットしたのでした。

f0023813_13543147.jpeg
鈴置さんの名前が違う。
これは偽名ではなく、単なる間違いだと思います。

(偽名や、名前を出さない時もありましたけどね。BLとかアダルトアニメとか)

そんなこんなで旅は続きます。

f0023813_13545087.jpeg
次の回。さがせ!金のブタのしっぽ

f0023813_13551415.jpeg
金のブタのしっぽを求めて、魔女メディアの島を目指す探検隊。

f0023813_13553251.jpeg
探検隊は全員メディアにブタにされてしまう。

f0023813_13555133.jpeg
ブタの生活を楽しむみんな。
赤い兜はイアン隊長ですよ。
月桂樹の冠はポロン。
ムーミンでも、モグタンでもありません。ブタです。

f0023813_13563112.jpeg
「食事なんかしているヒマないでしょう!」
と、怒るポロンに

f0023813_13565155.jpeg
「ブタと言うのも、これでまた楽しいものじゃないかい? 」とイアン。

てことで、歌い出すイアン隊長。
なんと、フルコーラス!

f0023813_13571296.jpeg

f0023813_13580212.jpeg

f0023813_13573897.jpeg
前奏
f0023813_13582266.jpeg
♪僕の行くとこに ついて来るなよ

f0023813_13583994.jpeg
♪夜空にはあんなに ブタが飛んでいるよ

f0023813_13591454.jpeg
♪君の行くとこに ついて行きたい

f0023813_14000414.jpeg
♪夜空にはあんなに ブタが泣いているよ

f0023813_14002037.jpeg
♪明るく生きてれば この世は楽しい

f0023813_14003924.jpeg
♪楽しく生きてれば この世は明るい

f0023813_14005638.jpeg
♪僕の行くとこに ついて来るなよ

f0023813_14011240.jpeg
♪夜空にはあんなに ブタが光っているよ

f0023813_14013225.jpeg

f0023813_14015558.jpeg

f0023813_14021102.jpeg
いえい!

鈴置さん、かわいい〜!

この歌、オルペウスが地獄で歌った歌と同じです。歌詞は違うけどね。

他の回で、ポロンのお父さんのアポロンもこの歌を歌ってました。
ちなみにお父さんは野島昭生さん。ふたりともスラップスティック(^-^)


ポロンの活躍でみんなは元に戻り、金のブタのしっぽも手に入りました。
めでたし、めでたし。

f0023813_14024176.jpeg
名前、直らなかったですね。
珍しい間違い方だよね、これ。

そんなこんなで、鈴置さんはブタになってもかわいいのでした。

[PR]
# by m_n_erin | 2018-01-19 13:52 | 鈴置さんのアニメ・洋画 | Comments(2)

オレステスの仇討ち

トム・クルーズばかり続いたので、アニメを観ましょう。

コロコロポロン。
前に「オルペウスの竪琴」を書きましたが、他にも鈴置さんが出ている回があります。

「オレステスの仇討ち」
王である父を殺され、母と姉を囚われたオレステスが、かたきのアイギストスを討つ話。

f0023813_16550727.jpeg
オレステスは、塩屋翼さん。

鈴置さんは、アイギストスです。

f0023813_16583877.jpeg
こっちね。
悪人。
オレステスの姉エレクトラと結婚しようとしている。

鈴置さんファンを名乗り、鈴置さんの作品を人並み以上に観てきたと自負するワタクシですが。

予備知識なしで見たら、鈴置さんだってわからかったです。

10個セリフがあったら、そのうちの1つで「あれ?もしかして、鈴置さん?」と考えるレベル。

それくらい鈴置さんぽさを感じない。
すっかり自信喪失。

声優さんってすごいな。

f0023813_23183713.jpeg

f0023813_23190705.jpeg
エレクトラの写真を見て、よだれ。

f0023813_23225941.jpeg

f0023813_23233211.jpeg
エレクトラを想像して、

f0023813_23243435.jpeg
ドカーン! 噴火。

f0023813_23292759.jpeg
キェー! キェー!

f0023813_23302424.jpeg
この回はキャラクターの崩し方が半端なくて、こんなにかわいいエレクトラも、

f0023813_23320716.jpeg
笑い茸入りたこ焼きを食べたら、こんな顔。

f0023813_23325700.jpeg
オレステスも、崩れてたな。
声優さんはたいへんだ。
f0023813_23342043.jpeg
ポロンちゃんは、相変わらずかわいい。

f0023813_23411600.jpeg

トム・クルーズの次に、コロコロポロン。
クールな男前の次に、奇声をあげる変態。
なんともかんとも。

そして、次回予告。
次回はブタです!
君は刻の涙を見る。

[PR]
# by m_n_erin | 2018-01-16 23:46 | 鈴置さんのアニメ・洋画 | Comments(2)

またもクルーズさん。
ブライトさん目当ての方、すみません。

f0023813_14103388.jpeg
MISSION:IMPOSSIBLE と、M:I-2

1996年と2000年のヒット作。
手に汗握るアクション巨編。
クルーズさんは、秘密諜報員イーサン・ハント。

シリーズなのに、1と2で全然違いますね。

話の作りとしては陰謀に巻き込まれる1が好きだけど、イーサン・ハントとしては2が魅力的。人間ぽくて、かっこいい。
どちらもよかった。
ヒットしたのがわかります。

映画的なことはさておき、私の目当ては鈴置さんなのです。
鈴置さん、いいですね。かっこいい。
洋画に関してはおんなじことしか書いてませんけど、鈴置さんはかっこいいです。

恋愛要素があるM:I-2は、特にすてき。

「ナイア、僕は君を守ってみせる」

「それまで死ぬな。君を死なせはしない!」

キュン。
鈴置さんの声がたくさん聴ける。幸せ。

トム・クルーズの魅力を、鈴置さんの声が上乗せしてる。
イーサン・ハント、かっこいいです。

f0023813_14383049.jpeg

ミッションインポッシブルは、まだまだ続いてますが、ブログ的にはここまでです。

この次のM:I-Ⅲは、2006年。
鈴置さんはトム・クルーズではありません。トム・クルーズは森川さん。

なので、今は続きを観ないし、観てもここには書きません。

f0023813_14384970.jpeg
鈴置さん、かっこいいイーサン・ハントをありがとう。

[PR]
# by m_n_erin | 2018-01-13 12:23 | 鈴置さんのアニメ・洋画 | Comments(0)

「次は別のことを書きます」などど書いておきながら、またもクルーズさんです。すみません。

f0023813_18595738.jpeg
ザ・ファーム 法律事務所
1993年

トム・クルーズは、若手弁護士。
これで弁護士の鈴置さんは3人目ですね。

ハーバードの優等生ミッチは、引く手あまたの中から最高の雇用条件の法律事務所を選んだ。

恵まれた環境で働くミッチは、事務所の裏を顔を知ってしまう。

f0023813_19345969.jpeg

f0023813_19263320.jpeg
弁護士だけど、法廷とか弁護する場面はありません。
ミッチはひたすら働いて、勉強して、巻き込まれて、そして考えて、戦う。

マフィアより怖いFBI。
そして、FBIよりも怖いファーム。

ミッチの性格が好き。
貧しさから脱出するために弁護士になった。
奥さんを守る。家族を守る。
そして、法を守る。

私、この鈴置さん、かなり好きです。
声のトーンや、話し方が好き。やさしい。

それに、すごく合ってるんですよ、トムさんの表情と声が。

洋画を吹き替えで観ることって、テレビの洋画劇場以外あまりないんだけど(普通は字幕で観ます)、役者さんの口と声が合っていて、プロはすごいなと改めて思いました。

声優さんもだけど、訳する人もすごいんですよね。

普通の訳なら
「エディはワイヤレスの盗聴装置を持っていないか?」となるところを、
「エディの道具にあれないかな、あれ、ワイヤレスの盗聴装置」

「エディ」と「ワイヤレス」の位置が英語と日本語で同じなの。すごいね。


映画の舞台は南部のメンフィス。
調べたら、テネシー州でした。
ミシシッピ川沿いの綿花の産地。

あー、だから綿花取引所ビルなのか、
あー、だからナマズ養殖なのか、と納得。

BGMがピアノなのも、すてき。

f0023813_20293253.png
クルーズさんを3本続けて観たけど、今のところこれが一番好きです。

鈴置さんのファンになったから観れたんだよね。
鈴置さんに感謝。

[PR]
# by m_n_erin | 2018-01-12 20:54 | 鈴置さんのアニメ・洋画 | Comments(0)

ア ヒュー グッドメン

ウィキペディアによると、
トム・クルーズの吹き替えは、

2003年以降は本人公認の森川智之が専任で務めている。それ以前は本人がデモテープを聞いて選んだ鈴置洋孝が多く起用されていた

とのこと。

そうなのです。
だから、鈴置さん目当ての私は、トム・クルーズだからといってなんでも買ってる(観てる)訳ではないのですよ。いろんな人が当ててるし、たとえ同じ映画でもパッケージで声が違うことありますからね。

f0023813_06372520.jpeg
A FEW GOOD MEN
1992年

米軍基地内での海兵隊員殺害をめぐる法廷劇。
トム・クルーズは若き弁護士。
争う相手は総司令官。
大義を守ろうとする国家に、勝つことはできるのか?

登場人物が多く、出てくる人が全て軍人。
名前が覚えられなくて「あれ?それって誰のこと?」となることもあったけど、面白かったです。

トム・クルーズ、若い。
鈴置さんだと大人っぽすぎるかなぁ。

法廷でのシーンが絶品。
元が舞台ってこともあってか、セリフのテンポがいい。ことばの応酬。丁々発止。

弁護士は鈴置さん、検事は大塚芳忠さん、証人で黒幕は小林清志さん。

破嵐万丈 vs. ヤザン・ゲーブル vs. 次元大介って感じ。

もしくは、ブライト艦長 vs. ギャバン隊長 vs. 妖怪人間ベム、ですかね。

ジャック・ニコルソン、怖い、怖い。

f0023813_12230466.jpeg
鈴置さん

f0023813_12181153.jpeg
芳忠さん

f0023813_12233319.jpeg
小林さん。

ヒロインはデミ・ムーア。
恋愛って要素は全くなかったのが意外でしたが、まあヒロイン。
デミ・ムーアの声は高島雅羅さん。
またも、鈴置さんに高島さん。
これで、星界の断章、コロコロポロンに続いて3本目です。

きっと声の相性がいいんでしょうね。

なんだかトム・クルーズ映画ブログみたいになってきたので、次は別のことを書きます。

[PR]
# by m_n_erin | 2018-01-10 12:36 | 鈴置さんのアニメ・洋画 | Comments(0)