すこし、ふしぎ。

今度のドラえもんに、気になるキャラがいます。
f0023813_20571998.jpeg
ドラちゃんの左上にいる赤い人。
敵さんなんだけど。
赤くて、仮面。
f0023813_21001218.jpeg
なんとなく、どこぞの大佐みたい。
もしかして三倍早い?(笑)

映画ドラえもん のび太の月面探査記
脚本は、辻村深月さん。

メフィスト賞、直木賞、本屋大賞受賞の辻村さんですよ!

デビュー作から全部読んでます。
大好きな作家さんです。

なので、去年の秋に映画館でドラえもんの予告を見て、
「脚本・辻村深月」の文字に驚きました。

f0023813_21462486.jpeg
小説も出ました。
ちゃんと映画のドラえもん。
なのに、ちゃんと辻村さんの世界。

この本、お話はもちろんですけど、装幀もすてきなのですよ。

f0023813_21502614.jpeg
カバー下にも、ドラえもん。

f0023813_21522493.jpeg
表も裏も箔押し。キラキラ。

f0023813_21532036.jpeg
扉に扉!←意味、わかりますよね?(笑)

しかも、このドア、開くんです。
買った時点では、ミシン目が入ってるだけで開いてません。
自分で開けろ、ってことですよね。なんだかもったいないや。

辻村さんが藤子・F・不二雄先生が大好きなのは有名なので、脚本に選ばれたのは納得でした。

辻村さんのエッセイに、ガンダムが出てくる回があるんですよ。

シャアがホワイトベースを呼ぶときの「木馬」。
自分の思うイントネーションと違っていたため「もくば」が「木馬」とわからなかった。
ある時、「木馬」だと気付き、思ったことは

「シャア、なまってるな」

甲州弁だと三文字のことばの最初が高くなるそうなんですが、それが普通だと思っていたそうなんです。

なまってるだなんて、シャアにも池田秀一さんにもなんて失礼なことを!

と自戒されるお話でした。

シャアだけじゃなく、池田さんにも謝られる辻村さんがかわいいです。

タイトルの 「すこし ふしぎ」は、藤子先生や辻村さんが使うことば。

「SF」を「サイエンスフィクション」ではなく、「すこし ふしぎ」と名付けられました。

ドラえもんは、すこしふしぎな物語。
藤子先生は亡くなられたけど、繋げてくれる人たちがいるから、私たちは今でもドラえもんに会えるんですよね。

のび太の月面探査記。
劇場で観るのが楽しみです。

f0023813_22120767.jpeg

# by m_n_erin | 2019-02-13 20:55 | Char? | Comments(2)

さて。

前回のヒントから、何の作品かわかりましたか?

答えは、これ。

f0023813_18420337.jpeg
ひげよさらば。
NHKの人形劇です。

1984年。
月曜日から金曜日の一日10分。
1年間の帯番組。

町外れのナナツカマツカの丘。
野良猫と野良犬が敵対しながら暮らしている。
記憶喪失の猫ヨゴロウザが、バラバラだった猫をまとめ、犬たちと戦う。

「おもひでぽろぽろ」のタエ子の「ひょっこりひょうたん島」のように、
ある年代以上の人にとって、NHKの人形劇は毎日の楽しみだったのですよ。

私が一生懸命観ていたのは「紅孔雀」と「プリンプリン物語」

「ひげよさらば」のときはもう大きかったので(中学生だ)、声優さん目当てで見られる時に見る程度。

f0023813_19340239.jpeg
この片目の猫・一文字が水島裕さんだった。
(はい、昔の私は水島さんファンです)

ちなみに、主役のヨゴロウザは榊原郁恵ちゃん。

当時、全部は見てないのです。
今回のDVDも抜粋。
213話のうちの11話のみ。

f0023813_19270783.jpeg
1話の次は194話。飛び過ぎ。

たくさんの個性豊かな猫たちが出てきます。
f0023813_20322232.jpeg
ネットの拾い画像ですけど。
これでも、全員じゃない。

鈴置さんの役は、ホイホイ。
お調子猫
「主な猫」にいませんね。はい、脇役です。

でもね、観たかったんですよ、ホイホイ。
ずっと観たかった。
何故かと言うと、鈴置さんがホイホイのことを話してたんですよね。

「ずいぶん前なんだけども、NHKで帯の人形劇をやったじゃないですか。「ひげよさらば」っていうね猫のお人形さんが出てくるシリーズ。1年レギュラーでやったんです。

その時はね、ホイホイっていう猫なんだけど。これがねぇ、薄汚い、情けなーい猫なんですよ。普段俺があんまりやらないキャラクターなんだけど、これ1年やったんだ。

1年間、一度もNGを出さなかった。

やっぱりね、俺にはああいう方が合っているんだよ、二枚目より。
楽しいんだよ、アドリブもできるし、ホントね、珍しいな、1年間、一度もNG無し。
楽しい仕事だったね」

1年間の帯番組のレギュラーで、ただの一度もNG無しだなんて、すごい。すごすぎる。

賢雄さん「二(枚目)って、はじけられない」
鈴置さん「遊べないしね」
だそうですよ。

あっ、このお話は、BLCDのフリートークで出てきます。
鈴置さん、賢雄さん、成田さんのトーク。
「大きなコケシの故郷で」
本編が49分なのに、フリートークは54分ある(笑)おかしい。

そんなこんなで。
観たかったんです、ひげよさらば。
鈴置さんが「合ってる」とおっしゃってるホイホイに会いたかった。

ホイホイ。
こんな子です。

f0023813_09060282.jpeg
空き缶持ってる子ね。
この子、お調子猫と呼ばれてますけど、
薄汚い情けなーい猫(鈴置さん談)ですけど、

とーってもいい子。

大人の猫たちを「さん」付けで呼ぶのは、この子だけ。
ハネカエリ(真ん中の猫)となかよし。

ハネカエリが泣いたら泣く。
ふたりで泣いているのは、とってもかわいい。

「ハネカエリ。うれしい時はやっぱり素直に喜んだ方がいいよ(´ー`)」

ホント、かわいい。

DVDの中で、人形をデザインした方がお話してるんですけど、抱っこしている人形がホイホイなのです。

f0023813_10565380.jpeg
こんな時って、気に入ってる子を持ってきますよね。
だから、ホイホイが好きなんだなぁと想像。

ホイホイの声は、かわいいです。
鈴置さんなんだけど、わかってて聴いても鈴置さんだとわかりません。
それくらい、いつもと違う声。
子どもっぽくて、かわいい。

「うる星やつら」の因幡くんもかわいかったなぁ。
と思って、因幡くんの声を聴いたけど、違う、もっともっと幼い。
だって、因幡くんは、鈴置さんだってわかるもんね。

1話で、
♪僕の名前はホイホイ!

と、歌いながら出てきたら、すぐに野良犬に襲われて。

ぎゃー!と悲鳴。

「大変だー!ホイホイが野良犬に殺されちゃったよー!」

えっ?

そして、1話はホイホイのその後に触れないで終わるのでした。

まあね、ホイホイがレギュラーだって知ってるから、生きてるのはわかってましたけどね。
いきなり「殺された」だから驚いた。

原作の小説では、ホイホイは冒頭で死んでしまうようです。
よかったね、テレビでは死ななくて。

ひげよさらば。
DVDには、1話と、194話からの犬たちとの戦い9話分と、最終話が収められています。
飛び飛びだけど、理解はできます。
(間に話を補う説明も入ってますよ)

バラバラだった猫たちが、ヨゴロウザをリーダーにまとまって、犬たちと戦った末、仲良く暮らせる丘を作る。

みなさんいい声なのです。

猫は、榊原郁恵ちゃん、水島裕さん、内海賢二さん、井上和彦さん、森本レオさん、潘恵子さん、麻上洋子さん、佐藤B作さん、安原義人さん。

敵対する犬に、飯塚昭三さん、柴田勝秀さん、、玄田哲章さん、小林清志さん、山形ユキオちゃん。

いい声だらけ。
これでも、全員じゃないですよ。

語りは春風亭小朝さん。まだ髪が黒い頃ね。
シブがき隊も出てたけど、それはどっちでもいいや。

f0023813_11162254.jpeg
水島さん、郁恵ちゃん、内海さん。

f0023813_11153029.jpeg
郁恵ちゃん、和彦さん、シロツグさん。

f0023813_11171217.jpeg
麻上洋子さんと潘恵子さん。

最終回の最後に、声優さんが一瞬顔出ししています。
f0023813_13233724.jpeg
これ、リアルタイムで観てましたよ。

上手側から、水島さん、麻上さん、潘さん、小朝さん?、安原さん。
一番下手側の人がわかりません。

DVDは抜粋ですが、NHKには全話残っているようです。
いつか、全話観てみたいな。

# by m_n_erin | 2019-01-31 13:04 | 鈴置さんのアニメ・洋画 | Comments(4)

嗚呼、忙しくて全然更新できません。

なのに、日々、覗きに来てくださる方がいらっしゃるんですよね。

ありがとうございます!
アクセス数は励みになります!

探してたDVDが手に入りました。
まだ観てません。観る時間がない(涙)

せめて、それの予告だけ。

そのDVD、お話が何話か入っているんです。
パッケージの中に、話ごとのスタッフキャストが書いてありました。

鈴置さん、全部の話に出てるのかなぁ?

確認したら。
おっ、全部に名前がある!
出てるんだ、よかった!

でもね。
名前に誤字。
鈴置洋考になってる。

1話と最終話はあってる。洋孝。
それ以外は洋考。まちがい。

まあ、鈴置さんあるあるです。

てことで。
予告。

そのうち観ます。観て、ここに書きます。

なんのDVDかって?
まだパッケージの写真も撮ってないんですよ。
なので、ヒントだけ。

NHKです。
役名はホイホイ。
カテゴリーは「鈴置さんのアニメ・洋画」だけど、正確には違いますね。

f0023813_15451388.jpeg
そして、画像は関係ありません(笑)

# by m_n_erin | 2019-01-25 15:34 | 鈴置さんのアニメ・洋画 | Comments(0)

f0023813_16390050.jpeg
クリアファイル付き前売り券。
買いに行けました。

ハサウェイのグッズって、カード類以外では初めてだ。

早く来い来い、ネクストウインター。

# by m_n_erin | 2019-01-13 16:38 | Hatha | Comments(2)

遅ればせながら、
読者のみなさま、新年おめでとうございます。

「更新遅いよ、何やってんの⁉︎」 と艦長に叱られそうなブログですが、微速前進でも進みますので、どうぞ今年もよろしくお付き合い下さいませ。

年末年始が忙しすぎて、ネットからもガンダムからも離れていましたが、ここにきて動きがありましたよ。
←正しくは「動きに気付けた」なのかも。

閃光のハサウェイの映像が公開されました!

と言っても、これ、ナラティブの最後に流れてたヤツですけどね。
これのためにナラティブに行ってた、と言っても過言ではない。

ほら、見て見て。


f0023813_21063686.jpeg

f0023813_21064946.jpeg

f0023813_21070323.jpeg

f0023813_21071885.jpeg

f0023813_21073279.jpeg
ねっ、お父さんそっくりでしょ?

f0023813_21075129.jpeg

f0023813_21080584.jpeg

f0023813_21081974.jpeg
ここまでは、ナラティブで流れてたヤツと同じ。

f0023813_21083314.jpeg
ここからは初めて。スタッフがわかりました。
キャラデザに恩田さん!
音楽は、ユニコーン、ナラティブの澤野さん。

f0023813_21084699.jpeg
そして、前売り発売開始。

今日からだって。
ナラティブ上映館、ってことなので、もう上映が終わった近所の劇場はないのか、と思って調べたら売ってるみたい。

さっき、私、劇場の近くにいたのに!
知ってたら買ったのに!

ファイル、ほしいぞ。
ハサウェイだもの。
明日、買いに行く!

そして、ナラティブの7週目の入場者プレゼントは、閃光のハサウェイのイメージイラストカード。

うう、惹かれるけど。
さすがに4回目はいいかな。

しかし。早いよね。
閃ハサ公開はネクストウインターなのに。

この様子だと、前売り券、4回くらい出そうだな。
その度に買うかも、私。あせあせ。

# by m_n_erin | 2019-01-12 20:51 | Hatha | Comments(2)

ガンダムナラティブの舞台挨拶の回に書いた入場者特典のこと。

監督は「3週目は年賀状で、4週目が未使用音源のCD」とおっしゃってましたが、実際には3週目は年賀状で、4週目はカレンダー、5週目がCDでした。

てことで。
CDがほしくて、行ってきましたよ、3回目のナラティブ。

奈良の上映は早朝の一回のみ。
f0023813_13412189.jpeg
8時25分からって、どうなの?
それでも、まあまあ入ってました。
舞台挨拶の時と違って、おっさん、もとい男性客ばかり。若い女の子はいない。ガンダムはこうでなくちゃ(笑)

f0023813_13405289.jpeg
CD、無事、ゲット。
2週目のカイレポの時は、日曜日でももらえなかった人いたもんな。

帰ってすぐに聴いたのですが、
私、勘違いしてました。

未使用サウンドトラック。
ナラティブではなく、ユニコーンで、なのですね。
最初の曲を聴いて「あれ? これ、ユニコーンや」ユニコーンで聴き慣れたメロデイ。

どの曲も聴き応えがあります。
本編で使われなかったのがもったいない。
いい曲ばかり。

f0023813_13573393.jpeg
無料で配布するようなクオリティじゃないですよ。すごいです。

3回目のナラティブでしたが、3回目にしてまだまだ気付けたことがありましたよ。
私って、今まで何を観てたんだろ?

ペンダントのこととか

あの荷物は何? → あー、そっか! とか

名前、ちゃんと言うてるやん! とか。

イアゴ隊長のことを、ゾルタンは「おっさん」じゃなくて「ジジイ」呼ばわりしてましたよ。

隊長のねぇ、笑顔がいいのですよ。
もう、やさしい、やさしい。

ミシェルの秘書のブリックもすてきです。
書けないけど、とてもときめくセリフがあります。「あっ、そうだったのですね」と納得できます。彼の過去が知りたいです。

そして、エンドロール後には、閃光のハサウェイの予告。

砂浜を歩き、座り込むワイシャツ姿のハサウェイ。
ひょろっとして背が高い。
お父さんより高そう。

ネジェンって知ってるかい?
知っているなら、連れてってあげる。

話すあなたに、お父さんに、早く会いたいです。

# by m_n_erin | 2018-12-30 12:57 | NT | Comments(2)

年末だからね。

昔の写真を突っ込んでる箱の中から、未使用のポストカードが出てきました。

東京ディズニーランドのオープン年に買ったものとか、北海道のキタキツネとか、Santa Fe(知ってる?)の宮沢りえちゃんのヌードとか(笑)

アニメ関係もチラホラ。

f0023813_20433822.jpeg
大切にし過ぎて、使えなかったポストカードたち。
アニメージュの付録のシャアとララァ、
たぶん本屋さんでもらったシャールくん(成田美名子 エイリアン通り)、
手塚先生に直接いただいたジャングル大帝(この話は別の機会に)、
手描きのシャアとセイラは文化祭で買ったもの。

f0023813_08572231.jpeg
昔だから、郵便番号が5桁。

f0023813_11593807.jpeg
別の場所から、コアファイターのポストカードも出てきました。

大阪のガンダム展で買ったもの。
コアファイターは展示物。
乗れるくらい大きいものだったと思います。

このカードは、買ってすぐにスタンプを押して、自宅に送りました。

f0023813_21021568.jpeg
会場で投函すると、ガンダムの消印がもらえたんですよね。
日付が17.8.24になってますけど、2017年じゃないですよ、平成17年。2005年です。

切手が普通なのが惜しいな。
家にガンダムの切手があったのに、会場に持って行かなかったのよね。

f0023813_21113203.jpeg
もちろん、今でもありますよ。

それから、無くしたと思っていた鈴置さんの訃報も出てきました。
f0023813_21142005.jpeg
2006年8月11日の読売新聞。
これだけ引越しのどさくさで行方不明になってた。

f0023813_21154355.jpeg
他の記事と一緒に大切にしまっておきます。


# by m_n_erin | 2018-12-27 21:20 | 1st | Comments(2)

すっかり日が経ってしまってますが、
奈良のナラティブ舞台挨拶に行ってきました。

前にも書いたけど、普通なら舞台挨拶に奈良なんて来ません。
大阪とか、難波とか、京都とか。
ガンダムつながりならエキスポシティでもいい。

奈良が選ばれたのは、ナラティブ→奈良の連想。 
冗談みたいな本当の話。

たとえダジャレでも、せっかくの地元。
行かなくちゃ!

と、速攻、劇場ホームページをチェック。

普段なら後ろを選ぶんだけど、舞台挨拶があるなら近くがいいよね。
ってことで、3列目をゲット。

前だと、音がすごくいい。
塚口サンサン劇場並みにいい音。
画面も大きくて、迫力も段違い。

ただし、首をそらさないといけません。
全部は無理。何を選ぶかですね。

奈良の舞台挨拶は、上映後。
前後しますが、ナラティブの感想の前に舞台挨拶のことを書きます。

映画が終わって、場内が明るくなると、帰ってしまう人が数人。
舞台挨拶があること、知らないのかな?

そして、逆に入場してくる人も。
私の前の席も隣も上映中は空いていたんです。
舞台挨拶だけ観たい人なのですね。
その前の会場(難波)から移動してきたのかもしれませんけど。

舞台挨拶前に帰る人も、映画本編を観ない人ももったいないなぁ。

登壇者は、監督さん、プロデューサーさん、ヨナ役の声優さん、そして、脚本の福井さん。
ガンダムなのに、客席は若い女性が多かったです。声優さんのファンなのかも。

聞いたお話、順不同。

・奈良はナラティブのホーム!

・ナラティブだから奈良の舞台挨拶を組んだのに、なかなか埋まらなくて焦った。

・大阪から移動して、橿原神宮にお参りしヒットを祈願。
フェネクスのような金の鳥のおみくじを引いたら大吉だったそう。

・リタのキャラクターデザインは、一発オッケーだった。

・ヨナが赤毛なのは「虐げられた人」だから。ナラティブが痩せっぽっちなのも同じ理由。

・ミシェルのデザインはアジアンビューティーなイメージ。ミシェルは中国人ではなく、韓国人。ルオ会長の奥さんはステファニーから察すると欧米人。養子になったのがアジア系のミシェルだったから共感したんだと思う。

福井さんがミシェルの旧姓を言ったら、監督始め他の人たちが「へー」
「なんでそこで感心してるんですか!」と福井さん。

アジェンタとか、アベンタとか、なんかそんな感じの名前だったけどうろ覚え。何だっけ?

・舞台挨拶は上映2週目でした。
3週目のプレゼントは年賀状、4週目はテスト音源CD。

って監督がお話されてたんですけど、4週目はカレンダーでしたね。変わった?

みなさんずっと笑顔で、とても穏やかな舞台挨拶でした。
参加できて、よかったです。

戻って、ナラティブ本編。
今回、気付いたこと。

ジオンのモナハン・バハロ大臣って、ダルシア首相の息子だったんですね。

小説版のユニコーンには出てくるようですけど、私のユニコーンは6巻で止まってますし(あかんやん)、第一、ダルシア首相の名字をしらなかった。ファーストでは出てこないよね?

執務室にジオン・ズム・ダイクンの肖像画があることは気付いてたんですけど、別の壁のダルシア首相の肖像画に今回気付けました。

それから、イアゴ隊長がかっこいいです。
おっさん呼ばわりされていましたけど。

自信を持って自分の仕事をする人が好きです。

ヨナやミシェルの悲しみは大きな悲しみだけど、戦時中だから特別じゃない。
同じような、もっと大きな悲しみがあちこちにある。

なのに、殊更に特別視して、軍や企業や人、コロニーまで私的に使う。
永遠の命のために、多くの命を奪う。
まともじゃないな、と。

人をそれだけ狂わせる魅力が、フェネクスやニュータイプにあるってことなのかな。

観た後だと、ポスターの意味がわかりますね。
組み体操みたいな方も、後ろ姿で手をつないでいる方も。

抱えた罪悪感から、許される日を、救いを待っている。

最後のあのシーンはやっぱりうれしかったです。
書きません(書けません)けどね。

って書いていたのに、公式がネタバレしちゃってますね。
公開4週めだけど、まだ観てない人もいるだろうから、言っちゃダメだと思うけどな。

f0023813_16104743.jpeg
パンフレットのキャスト表でさえ、書いてないのにさ。

こっちが正解!
こうでなくちゃ。

f0023813_22405350.jpeg
やっと買えたパンフと、2週目の入場者プレゼントのカイレポ。

行けるなら、もう一回くらい行ってもいいな。

# by m_n_erin | 2018-12-24 23:20 | NT | Comments(2)

「サンライズ超忘年会」

2年に一度、大々的にやるそうです。
森口博子ねえさんが「水の星へ愛をこめて」を歌ったって。
すごいですね。

f0023813_08560407.jpeg
ツイッターに上がってた会場の写真です。
パネルのキャラクターの中にハサウェイがいます。
小説版ではなく、ナラティブ最後の予告編と同じハサウェイ。

f0023813_08562932.jpeg
ねっ。ブライトさんに似てるでしょ。


# by m_n_erin | 2018-12-14 15:57 | Hatha | Comments(2)

子ども向けの大百科から

ナラティブの舞台挨拶。
行ってきましたよ。

けど、ナラティブばかり続くから、別のことを書きますね。←天邪鬼

f0023813_14382653.jpeg
ガンダムの本を買いました。
勁文社の子ども向け大百科の復刻版。
4冊セット。

中は、いかにも子ども向けです。
総ルビ。
クイズやダジャレも載ってる。
チェーミンの名前が全部チューミンになってるぞ…

ダブルゼータと逆シャアに声優紹介がありました。

f0023813_14451511.jpeg
ダブルゼータ。この写真、知らない。いいなぁ。

f0023813_14463560.jpeg
逆シャア。古谷さんも池田さんも載せちゃお。
若いなぁ。
鈴置さんは、ダブルゼータと同じ時に撮った写真っぽいですね。

鈴置さんの本は増えないです。
もっとがんばって探さなきゃいけませんね。

# by m_n_erin | 2018-12-10 14:35 | 本の中の鈴置さん | Comments(0)