ジャブローづくし

久しぶりのガンダムスクエア。

f0023813_06551297.jpeg
雨でした。

f0023813_06560524.jpeg
中から。

f0023813_06562542.jpeg
ジャブローキッズプレート。
うーん、小さい。
キッズだからかもしれないけど、少ないなぁ。
タムラコック長の気まぐれパイロットランチ(メニューは日替わり)にすればよかったな。

ちなみに、アッガイとシャア専用ズゴックです。
見えるぞ、私にも見える!(笑)

f0023813_06564779.jpeg
ハロのメロンパン。
今月は三ケ日みかん。
ひとり3個までだけど、私が行った時間は1つしか残ってなかった。

メロンパンなのにパサパサしてない。
みかんジャムが甘さ控えめでさっぱり。
これはおいしい。

ドリンクはジャブローコーヒー。
ジャブローづくし。

f0023813_06571005.jpeg
緑のハロも食べたいな。
また買いに行こ。

f0023813_06573349.jpeg
オリジンのポスター。サイン入り。

13時10分に入店したので、13時のアナウンス(たぶんブライトさん)は聞けなかったけど、ユニコーン、ファースト、ゼータのオープニングでブライトさんに会えたから、まあいいのです。

f0023813_06582103.jpeg
この日のメインは、太陽の塔の中に入ることでした。
生命の樹もいいけど、塔の腕がいい。

内側から見た塔の腕は、作りかけのスペースコロニーみたいでした。

追伸
この三日後からグランドメニューがリニューアル。
ジャブローキッズプレートはもうありません。

連邦軍の旗が立ってるハンバーガーとか、ベアッガイⅢのパフェとか、いいなぁ。
新メニュー食べに、また行かなきゃ。

[PR]
# by m_n_erin | 2018-06-15 09:44 | 1st | Comments(2)

逆シャアのポスター

古都の街角に、今は無き映画館の掲示板が残っています。

f0023813_13483879.jpeg
向かって左側。
これ、逆襲のシャアなんです。

f0023813_13524648.jpeg
「ついにシャアとアムロの最終決戦の時来たる」の途中と、サザビーの一部がわかる。

もう30年前なのにね。

[PR]
# by m_n_erin | 2018-06-09 13:46 | CCA | Comments(2)

以前、「本の中の鈴置さん・その8」で
「Voice Newtype 16」の「追悼 鈴置洋孝」の記事を紹介しました。

そちらを読んだ方から「飛田さんのコメントの全文を知りたい」と依頼をいただきました。

全体の写真じゃ読めないですよね。飛田さんのところだけ撮り直して再掲します。

f0023813_11114503.jpeg
続きます。

f0023813_11131098.jpeg
続き。

古林さんのが、また泣けるんですよね。
そうだそうだ、ダムエーの鈴置さんの写真はいつもイマイチだった(笑)

f0023813_11141699.jpeg
鍵コメントさん、丁寧なご依頼ありがとうございました。
これからもご訪問お待ちしています(´ー`)

ついでに、と言ってはなんですが、ついでに、「本の中の鈴置さん」にしてしまいましょう。
(ここで、先に書いてあったタイトルを変更。最初は「飛田さんのコメント」でした)

f0023813_11213640.jpeg
おじゃましまーす‼︎ アフレコスタジオ探訪記‼︎

アニメージュです。
ガラットだから84年秋か冬。
切り抜いたこの状態で残してました。

裏側がね、水島裕さんの記事。←当時ファン。
それで残してあったんだな(笑)

f0023813_11290118.jpeg
鈴置さん、いい位置(´ー`)

f0023813_11342038.jpeg
出演者、多かったんですね。

f0023813_11370373.jpeg
ガラットは3話までしか観ていない(オイッ)ので、そのうち観てみます。

[PR]
# by m_n_erin | 2018-06-03 11:04 | 本の中の鈴置さん | Comments(5)

シロツグな気分

雨の伊丹から、曇りの羽田へ。
当たり前だけど、雲の上は晴れ。

f0023813_14574225.jpeg
「王立宇宙軍」にありましたよね、そんなシーン。
気分はシロツグ・ラーダット。

[PR]
# by m_n_erin | 2018-06-01 23:54 | other | Comments(5)

再会

小学校の同窓会。
集まったのは、先生を含め、8人。

私は地域の中学校に行かなかったこともあって、付き合いがない。
一番新しく会ってた人でも20年前。

それでも、ちゃんとわかるし、覚えてる。
子どもの頃のように、話せる。
楽しい時間を過ごせた。

そんな中、

「ガンダムという共通項があれば、同年代じゃない人とも話ができる。◯◯(私の昔のあだ名)があの頃ガンダムを教えてくれたこと、感謝してる」

そんなことを言われて、驚いた。

私が教えたんじゃない。
私は、その子が「ガンダムっていいらしいよ」と言ったから、ガンダムに興味を持った。

その子のことが好きだったから、同じものを好きになりたかった。
きっかけは、そんな単純なこと。

一緒に映画に行って、ガンダムに夢中になった。
劇場版3作が終わって、お互いガンダムじゃないものが好きになり、自然と疎遠になった。

私はガンダムを忘れたけど、20年ほど経てまたガンダムに戻ってる。

あちらもガンダムに戻ってた。
それも、同じような頃から。
開催場所は違うけど、同じ原画展や展覧会を観ていた。
同じ本(ガンダムエースだ)を読んでいた。
うれしい偶然。

昔の私はシャアファンだったから、ブライトさんに変わったことに驚いていたけれど(笑)

ガンダムという共通項があれば、初恋の人と話ができるね。

f0023813_12464996.jpeg

[PR]
# by m_n_erin | 2018-05-24 08:09 | 1st | Comments(4)

レポがすっかり遅れてしまいました。

ガンダム連続上映4週目は、逆シャア。
ついに最終週です。
5月2日水曜日に鑑賞しました。
(書くの、遅いっ)

f0023813_07030404.jpeg
この日は逆シャアの前に、レディプレーヤーワンも観てます。同じ劇場の同じ席で(笑)

f0023813_07003065.jpeg
シアター3の定点撮影。

逆シャアのパンフは持っていない(劇場公開時に観てない)ので、去年のなら国際映画祭のチラシで代用。

会場前のBGMは、もちろんテーマ曲。
きっとみんな、心の中で歌ってる。

さて、逆シャア。

うん…?

…あれ?

うーん… 色が鮮やかだ。

去年、なら国際映画祭で逆シャアを観た時に感じた「やわらかい色」じゃなくて、いつもネットで観ている鮮やかな色。

それはそれできれいなんだけど、なんとなく、去年のような色を想像していたから、拍子抜け。

昔は好きじゃなかったけど、今はギュネイが好き。
ギュネイはいい子だよね。
言われた通りに働けるし、ちゃんとクェスの面倒みてるし、ブライトさんが叩き込んだ本命第6波の核も阻止するし。
なにより山ちゃんいい声だ。
もっと評価されるべき。

この日はレディスデーってこともあったのか、女性客が多かったです。
そして、集中力を欠くお客さんもいて、劇中にのめり込むことができませんでした。
終わった後の拍手もなかったし。
残念。

去年のなら国際映画祭が良すぎたんだなぁ。

最後の逆シャアは残念でしたけど、ガンダム4作を劇場で観ることができました。
今は亡き鈴置洋孝さんの声を4週続けて聴くことができました。

こんな機会は滅多にありません。
塚口サンサン劇場さん、ありがとうございました!

いつか、イデオンとターンエーガンダムをやってほしいな。

もっと観たいのはギャラクシークエスト。
画面がテレビサイズから大きくなるところを体験したい。

塚口サンサン劇場さん、お願いします!


[PR]
# by m_n_erin | 2018-05-21 13:32 | Comments(2)

誕生 赤い彗星

2週目になったので、オリジンⅥを観てきました。

f0023813_21120222.jpeg
なんで2週目か。
週替わり来場特典の色紙のイラストにブライトさんがいるからです、はい。

ブライトさん&ミライさん、
もしくはホワイトベース。

どっちも好きだけど、ほしいのは、そりゃ、ねぇ。

モギリで渡された袋を、座席に座ってすぐに開ける。

ブライトさんでありますように。
ドキドキ…



f0023813_09082235.jpeg

やった! ブライトさん!
へへへ(*´ー`*)

肝心のオリジンですが。
前回のⅤから、実はかなり辛くて。

Ⅴの感想、書いてないでしょ。
書けないくらい、辛かった。
ブリテッシュ作戦、胸くそ悪いわ。
テキサスコロニーの暴動も悲しい。

今回も戦闘シーンが大半なので、辛かったです。
歴史として観ればいいんだろうけど、そこに関わる人の悲しみを思うと、ね。

本編で抜けていた部分、例えば、レビル将軍の「ジオンに兵なし」とか、南極条約とか、シャアがファルメルを拝命した経緯とかがわかったのはおもしろかったです。

原作にないところ、変わったところも多くて、ハラハラもしたし。

とは言っても、ガンダム本編から逸脱する訳にはいかないから、予想はつきますけどね(^_^;)

では、気になったこと、好きなシーンなどを列記。順不同。

・デギン公王はいい人だよね、ドズルもいい人。ゼナさん、赤ちゃんミネバかわいい。

・ガルマはなんでああもシャアに突っかかるんだ? 暁の蜂起があったんだから、もうちょっと親しくてもいいと思った。

・ワッケインさん、階級変わってますね。
ブライトさんも中尉だ。

・ドレンさんが落ち着きないです。お茶目になってる。
原作だと、もっとおっさんぽかったのにね。

・アムロが、強いよね。ガンダムのことを知ろうとする強い意志を感じるし、行動もする。

このアムロだと、ファーストの「ハロ、今日も元気だね」のアムロとイコールにならない。

まあ、オリジンは本編とは別物ですけど。

・「私に跪け、神よ」
「私は天翔ける騎士だ」

シャアのセリフに違和感。
シャアはそんなこと言わない。

コズンに対して「従軍できなかったランバ・ラル大尉のためにも戦果を上げろ」みたいなことを言ったのも意外だったけど、シャアの中に「ラル家に受けた恩を忘れていないキャスバル」を感じて、うれしかったです。


・見知らぬ男前の連邦軍兵士が出てきたから、そうかな?と思ったら、やっぱりそうでした。

原作では、顔がわからなかったケンプ中尉。
こんなにかっこよくしてもらって、よかったですね!

f0023813_12473869.jpeg

・ガルシア・ロメオがちょこちょこ映るのもうれしかったな。この人を見ると未だに「編集長!」と思ってしまいますけど。
(ガルシアのモデルは、当時ガンダムエース編集長だった古林さんです)


そして、やっぱりこの人のこと。

f0023813_12532125.jpeg
ブライトさん。
オリジンの子犬みたいにかわいいブライトさんが動いたー! しゃべったー!

成田さんだけど、違和感なし。
ちゃんとブライトさん。

ワンシーンだけなんて、もったいない。
もっと見ていたかったです。

・ターニングポイントは案外多い気がしました。
少しのことで歴史は変わったかも。

いったい誰が、何が悪かったんだろう?
そう思いながら、一年戦争へ向かっていくのを眺めていました。

シャア・セイラ編4作、ルウム編2作の計6作。
ここから物語はガンダム本編につながりますが、私はオリジンの映像化はここまででいいと思ってます。

そりゃ、今のクオリティで作り直したら、絵も動きもストーリーも良くなるでしょう。

でも。
そうすれば、みんなが観てきたガンダムとは別物になります。

なので、もう作らなくていいです。
ここまでで充分。
ファーストにつながる直前で終わって、良かったです。

安彦さん、お疲れさまでした!

かわいいオリジンブライトさんをもっと観てみたいですけどね。原作で我慢します(´ー`)

そうそう。
メガネケースを買いました。

f0023813_16591038.jpeg
ホワイトベースです。

f0023813_16593331.jpeg
裏面。
f0023813_09090712.jpeg
クリーナー。

大阪ステーションシティシネマでは、これがラストワンでした。

[PR]
# by m_n_erin | 2018-05-14 16:04 | ORIGIN | Comments(6)

半減休息のはずなのに

慌しくて、なかなかここが書けません。
ごめんなさい。

塚口サンサン劇場で逆シャア観ました。

それから、ガンダム目当てでレディプレーヤーワンを観ました。(吹き替えと字幕どちらも)

今日はオリジンに行くつもり。

書きたいことがいっぱい。
ちょっと待っててくださいませ。

まふ茶
f0023813_10424837.jpeg

[PR]
# by m_n_erin | 2018-05-13 10:36 | other | Comments(0)

春のガンダムまつり3週目。

f0023813_07323158.jpeg

めぐりあい宇宙です。
一番好きで、一番思い入れのある作品。
待ちきれなくて、初日初回。

82年の公開時も、初日初回を観てます。
徹夜組はさすがに許しもらえなくて(まだ子ども)、5時くらいから行きました。
魔法瓶(わかります?)にあったかいコーヒーを入れて持って行ったっけ(笑)

すごい人数になったから、時間を早めて、7時くらいから上映したんじゃないかな。
終わった帰り道、周りの店はまだ開いてなかった気がする。

その時もらえた、大入袋。
中は、ガンダムのバッジ。

f0023813_08041362.jpeg
100円硬貨くらいの大きさ。
銀色だったけど、色褪せてしまいました。

f0023813_08053819.jpeg
裏がいいのよね。
ファイナルと公開日と。

そんな昔話はさておき、塚口サンサン劇場。

土曜日ってこともあったのか、人は多かったです。
リアルファースト世代、若い子、子ども、おじいさん(もリアルファースト世代なのかな)。女性もチラホラ。まさに、老若男女。

劇場のロビーに、ポスターが飾ってあるのですよ。

f0023813_08170658.jpeg

f0023813_08173317.jpeg
懐かしい。
持ってたのもあります。もう全部捨てられてしまいましたけど。

場内に入ると、テレビ版のBGM(長い眠り)が流れていました。盛り上がる!

そして「めぐりあい」
きっとみんな心の中で歌ってる(笑)

f0023813_08155509.jpeg
シアター3の定点撮影。
今回もパンフレット持参です。

2冊あります。
初日に買ったパンフと、2回目に行った時に買ったパンフ。中身が少し違うんです。

初回の分は、絵がテレビ版のままだったり、誤植があったり。「間に合わなかったのね」とわかります。
f0023813_08161639.jpeg
こんな感じで、違うところがチラホラ。

f0023813_08163787.jpeg
初回パンフのキャスト紹介。
井上真樹夫さんのプロフが、間違ってます。
009をやったのは、井上和彦さんですよ。
(2回目に買ったパンフでは訂正されてます)

このページ、好きです。
みんな、若い。
かわいい。
鈴置さん、すてき。

めぐりあい宇宙。大好きです。

ドラマ編のカセットテープを持っていたので、繰り返し聴いていました。だから覚えてる。
セリフ、そらで言えますよ。

久しぶりに映画館で観て思ったこと。
音が違う!
いや、同じです、同じなんだけど、DVDと違う、奥行きがある。セリフの揺れまでわかる。
包まれる。

内容については、書かなくてもいいかな。
何度も書いているから。
ブライトさん、かわいいな、不器用だな、やさしいな、かっこいいな、すてきだな。

沈むホワイトベースを見送る。
私も、心で敬礼。

めぐりあい宇宙は何十回と観たのに、それでも泣ける。
なぜなんでしょうね。

観終わったら、拍手が起こりました。
映画館なのに拍手。
あたたかい。

前に立ったスタッフのお姉さんが

「ご鑑賞ありがとうございました。今からでしたら、レディプレーヤーワンがご覧になれます」

場内爆笑。
うん、ニーズは合ってる(笑)

出口ではスタッフの男性が
「来週は逆襲のシャアでーす」と呼びかけ。

塚口サンサン劇場、大好きだ。
やさしい気持ちで、劇場を後にしました。

また来週。逆シャアでね。

[PR]
# by m_n_erin | 2018-04-24 13:02 | 1st | Comments(2)

新しいガンダム

今日の18時から「ガンダムシリーズ新作発表会」

何が作られるのか。
ネットではいろいろな意見が出ていましたが、わたし的には

・ファーストの作り直しは、イヤ。

・オリジンも過去編まででいい。ファーストには被らないで。

・ユニコーンの続編だったら観る。

・閃光のハサウェイは。無いな。

まあ、それ以外のガンダムはよくわからないので、何が来ても「ふーん」で済んじゃう話なんですけどね。

宇宙世紀だとブライトさんが出るかも。
出るなら、気になるから観るかな。

鈴置さんじゃないブライトさんに、昔ほど拒否反応はありませんからね。
何が来るにせよ、会見は見ましょう。
たまたま何の予定もないですし。

ガンダムNT
ナラティブ。

ユニコーンの後なのか。
宇宙世紀だ。

てことは、ブライトさん出るかも。

キャラクターの名字がルオ。
ルオ商会だ。

ユニコーンだけど、キャラは被らない。
全く新しい話なのか。
観るかなぁ。微妙だな。

会見のゲストは、作家の福井さんとよゐこの濱口さんと浪川さん。

浪川さんが来る→リディさん?
と思いきや、ナラティブにリディさんは出ないみたい。

リディは「大事にしたい」から「出さない」んだって。
ナラティブの頃なら、リディさんは退役して政治家になっているだろう、とのこと。

新作に、リディさんもアルも関係なし。
なんで呼ばれたんだろ、浪川さん。

ナラティブの説明の途中、宇宙世紀の年表のようなテロップが画面に出たんだけど、それをディレクターと福井さんが「余計なものが出た」「見せなくていいもの」みたいに言う。

そこには、確かに「閃光のハサウェイ」「ユニコーン2」と書いてあった。

閃光のハサウェイ、やるの?

あとで、ネットに、その時の画像が上がってました。
シャア専用ブログさん、画像お借りします。

f0023813_22284002.jpeg
やっぱり、閃ハサ、ある。
映像化するのね。

閃ハサかぁ…

… 好きですよ、ハサウェイ、好き。
私のハンドルの「まふ茶(マフティー)」はハサウェイのことですし、マフティーを名乗る前はハサって名乗っていたくらいですし。

ブライトさんも出てくる。うれしいですよ。

けどね。
最後がね、悲しい。
ブライトさんがかわいそう。

だから、閃ハサは微妙。
観たいけど、辛い。

それに、鈴置さんはもう居ないから、閃ハサは無理だと思ってた、数年前まではね。

今は、成田さんが居るから、ブライトさんは大丈夫だってわかっていますけど。

閃ハサかぁ。
やるのか。

まだまだ先ですけど、観るんだろうな。

あのテロップが出たのが事故なのか、作為なのかはわかりませんが、富野さんは閃ハサをやるかもしれない、とご存知だったそう。
ただし、もう部外者なので、口出しはできないんだって。富野さんの本なのにね。

逆シャアのハサウェイは子どもだから、大人になったかっこいいハサウェイを見られることは素直にうれしいです。


話は前後しますが、オリジンⅥの入場者プレゼントにもブライトさんがいるんですよね。

今回はミニ色紙が10種類なんですけど、2週目がブライトさん&ミライさんか、ホワイトベースかなのです。
イラストは選べません。


f0023813_22550367.jpeg

ホワイトベースもいいけど。
やっぱりブライトさんがほしい。

もしかしたら、2週目に2回行く羽目になるかも。



[PR]
# by m_n_erin | 2018-04-20 21:55 | ORIGIN | Comments(2)

劇場版ガンダム4作品4週連続上映の2週目は、哀戦士。

f0023813_12354393.jpeg
今回も忘れずにパンフレット持参。
上演前に流れていたのは、井上大輔さんの「哀戦士」。
否応なしに盛り上がる。

前回は「飛べ!ガンダム」と「永遠のアムロ」だったよな、なんで「砂の十字架」じゃなかったんだろね?

ストーリー的に一番好きなパート。
アムロもカイも成長が著しい。

ランバ・ラルはかっこいいし、ハモンさんは素敵だし、マチルダさんは永遠の憧れ。

そして、やっぱりフラウがかわいい。
一途だよね。いい子だよね。
なのに、気持ちは届かないんだよなぁ。

我らが艦長は、このあたりから断然かっこよくなります。

白兵戦で、アムロを助けた右手。
あれで大人になった私は艦長に惚れたのです。
もうかっこよすぎる。

まあね。
言うこと聞かないアムロにカイ、セイラさんまで軽率な行動をするし、気になるミライには婚約者がいると判明するし、昇進はしたけど上層部は訳わかんないし、ジオンは新型兵器をどんどん出してくるしと、そりゃイライラするのもわかります。
本人は「俺はイライラしていない!」と否定してましたが(笑)

第13独立部隊として宇宙に上がる。
囮になる。

それを理解し、静かに憤る。
この「静かに」ってところに、ブライトさんの成長を感じます。
かっこいいです。

哀戦士のエンディングが好きです。

カツ・レツ・キッカがホワイトベースに残れることに喜ぶクルーたち、囮になることを静かに憤るブライトさん、宇宙に上がるホワイトベース、それを追うシャアのザンジバル、フラミンゴの群れ、兄さん…と呟くセイラさん、「そして、来春めぐりあい宇宙」のテロップ。

絶妙!

初めて観た時、

『次は冬休みじゃないんだ』
(Ⅰは春休み、哀戦士は夏休み公開)

『めぐりあい宇宙かぁ』

『早く観たい!』

と思ったことを思い出しました。
来春公開でよかったですよ。時間があったからこそ、めぐりあい宇宙はあのクオリティ。

37年前の私は、哀戦士からめぐりあい宇宙まで7ヶ月待ちましたが、今の私は7日待てばいいのです。塚口サンサン劇場が上映してくれます。

こんなにうれしいいことはない!

この日は昼まで雨でした。
塚口サンサン劇場のトイレで見つけたポップ。

f0023813_12442636.jpeg
返却は都合のいい時に、ですって。
劇場の人のやさしさに、ほっこりしました。

やるな、塚口サンサン劇場!

それから。
ホワイトベースを降りるカイを心配するアムロに、ブライトさんが言ったことば

「半舷上陸にかこつけて許可した。ほおっておけ」

前にも書きましたけど、艦長のセリフがこのブログの名前の元です。

f0023813_0303059.jpg

このセリフ、哀戦士とオリジンにしかないのよね。テレビ版では言ってません。

[PR]
# by m_n_erin | 2018-04-17 11:34 | 1st | Comments(2)

お久しぶりです。
年度末、新年度と慌ただしくて、更新してないですね。ごめんなさい。

前回書いた「劇場版ガンダム4作品4週連続上映」
1作目の上映に行ってきました。
1週間なんて、あっという間。
最終日前日にギリギリ鑑賞。

f0023813_14282777.jpeg
劇場前

f0023813_14300971.jpeg
階段

f0023813_14305865.jpeg
チラシ
ガンダムいっぱい。ワクワク。

シアターに入ると、「飛べ!ガンダム」と「永遠のアムロ」が流れていました。
うれしいですね。

f0023813_14312874.jpeg
パンフレット。
これは、家から持って行きました。
もちろん当時、劇場で買ったもの。

さて、ガンダム。
久しぶりに観たけど、やっぱりいいなぁ。

思ったこと。順不同。

フラウがかわいい。いい子。

昔は、セイラさんやマチルダさん、ハモンさんみたいな落ち着いた人が好きで、フラウはあんまりだったんだけど。
この子はいい子よね。
今見ると、ホントそう思う。

幼なじみで、一番アムロの近くにいたのに、ヒロインになれなかった。
こんなにいい子なのにね。

カイさん、いきなり平手打ちされるくらい軟弱者か?

リュウさんは頼れるなぁ。
ワッケインさん、泣かないでー。
そっか、パオロ艦長は死なないんだ。

ロリコンでもマザコンでもないシャアは、かっこいい。
通常の三倍だし、赤いし、かっこいい。そりゃファンになるわ。(昔の私はシャアファン)


めぐりあい宇宙はさておき、哀戦士に比べると1作目は新作画が少ない、と思っていたんですけど、そうでもないですね。かなり描き足してある。

細かいところが多いから、哀戦士みたいに目立ってないんだな。
新作画のブライトさんは、子犬みたいにかわいいです♡

エンドロールのキャスト名は、アムロが最初。
古谷徹。

松竹は、倍賞千恵子を一番にしたかったんだよね。それを、鈴置さんたちが「主役は古谷徹だ」と反対したって聞いた。

そんなことを思いながら、眺めるエンドロール。
今はもういない人たちが、何人か。

けど、ちゃんと作品の中では生きている。
生き続ける。

スクリーンで観る機会をくれた塚口サンサン劇場さん、ありがとうございます。
残りの3作ももちろん観ます。

明日は(もう今日だ)哀戦士!

[PR]
# by m_n_erin | 2018-04-15 01:05 | 1st | Comments(2)

f0023813_10444123.jpeg

f0023813_10463949.jpeg


という情報がSMSに上がってきました。

劇場版ガンダム4作品を、1週間ごとに4週に渡って上映されるそう。

塚口サンサン劇場。
兵庫県尼崎市。
距離的には行ける。

もちろん何度も観てるし、DVDも持ってますけど、
スクリーンで観るのは別ですよね。

大きな画面でブライトさんが観たい。
なにより、鈴置さんの声を劇場で聴きたい。

てことなので、行きます。
4週とも行けたらいいな。

[PR]
# by m_n_erin | 2018-03-30 10:44 | 1st | Comments(2)

ゴーストバスターズ2

2です。
f0023813_12382872.jpeg
何故2なのか。
お解りですよね?
はい、正解。鈴置さんが出てるからです。

f0023813_12410337.jpeg
ゴーストバスターズはテレビで見たよな。
2はどうだったかな?

観始めて、美術館の絵のところで、あっ、これ知ってる。テレビで見てました。
ストーリーは覚えてなかったけど、目力のすごい絵は忘れてなかった。

おばけと戦うお話ですが、ラスボス以外はみんなどことなくユーモラスですし、悲壮感がないから観ていて楽です。
ハッピーエンドだろうな、と予想できますしね。
楽しく観ることができました。

前作から5年。ニューヨークを救ったもののビルを破壊したため、市と州から訴えられ、ゴーストバスターズ社は破産。メンバー4人はそれぞれ仕事をして暮らしている。
前作のヒロイン ディナの赤ちゃんが乗ったベビーカーが暴走する事件が起き、ゴーストバスターズが再び動き始める。

面白いですよ。
声優さんがみんないい。

f0023813_12561010.jpeg
学者でメガネのイゴンは、納谷六郎さん。
主役の博士ピーターは、安原義人さん。
軽さが素敵。
レイモンドは玄田哲章さん。
黒人のウィンストンは大塚明夫さん。

悪霊ビーゴ公に取り憑かれる美術館の主任は、千葉繁さん。
オネエしゃべりなの。オネエな悪役。

コミカルな役柄が似合う安達忍さんもいらっしゃるし。
みなさん、安定のいいお声。

鈴置さんの役はルイス。
どの人だろう?
5番目に名前があるから、ちっちゃい役じゃないはず。

と思いながら、観始めて。

この人も違う、この人も違う、違うなぁ、出ないなぁ。

あれ、もしかして。
この人か?

f0023813_13073753.jpeg
この人でした。

気弱な弁護士。
あたふたしてる。
鈴置さんぽくない。
富山敬さんが合いそう。

と思って、ウィキペディアを見たら、テレビ版では本当に富山敬さんがされてました。

あたふたで、飄々としていて、でも好きな人にはアタックできるルイス。
かわいいなぁ。

f0023813_13142145.jpeg

鈴置さんって、こんな役もできるんだなぁ。
そっか、うる星やつらの因幡くんみたいなもんか。鰯水くんや、ヒゲよさらばのホイホイもそうかな。癒し系だ。

鈴置さんは、いやらしい系が多いのにね。
いやらしい系=嫌味な役。それからエッチな役(笑)

ディナの赤ちゃんが、とってもかわいい。
f0023813_13163782.jpeg
エンディングのキャストにはふたりの名前が。
双子だったのね。

[PR]
# by m_n_erin | 2018-03-28 12:37 | 鈴置さんのアニメ・洋画 | Comments(0)

f0023813_12430603.jpeg
王立宇宙軍 オネアミスの翼
1987年。
言わずと知れたガイナックスの初期作品。

アニメから離れていた頃なので、この作品は新聞広告で見たなぁ、程度。
エヴァンゲリオンも話題になってからしか観てませんし。

けど、ダイコン3は知ってましたよ。(当時、アニメ雑誌で話題でしたから)

「王立宇宙軍に鈴置さん出てましたっけ?」との声もありました(ここのコメント欄)。

出てますよ。
主役シロツグの同僚のひとり、ドムロット。

f0023813_12474978.jpeg
「なんで軍服なんか着てくるんだよ?」

f0023813_12535397.jpeg
この青系の髪の人。
唯一の一期生らしい。

数年前に観た時は、どのキャラが鈴置さんなのかはっきりしなかったんですが、今回はちゃんとわかりました。

いろんな鈴置さんの声を聴いてるうちに、耳が慣れたんでしょうね。ちゃんと拾える。

f0023813_12562574.jpeg
「人を乗せただけで宇宙戦艦だなんて言えるかよ」

ところで、私、シロツグの友人たちの名前がわかりません。

だって、みんな、名前が出てこない。
名前で呼ばれるのは、曽我部さんのマティくらい。
シロツグでさえ、リイクニに名乗った時が初めてだしね。

鈴置さんなんか、宇宙船打ち上げ前になって、やっと名前を呼ばれてる。それも一度きり。

どの人も、個性的でキャラ立ちしてるのに、名前がわからないという不思議。

個人の名前より「シロツグの仲間」ということが大事なのでしょうね。

f0023813_13102364.jpeg

[PR]
# by m_n_erin | 2018-03-25 13:39 | 鈴置さんのアニメ・洋画 | Comments(2)