人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

すこし、ふしぎ。

今度のドラえもんに、気になるキャラがいます。
f0023813_20571998.jpeg
ドラちゃんの左上にいる赤い人。
敵さんなんだけど。
赤くて、仮面。
f0023813_21001218.jpeg
なんとなく、どこぞの大佐みたい。
もしかして三倍早い?(笑)

映画ドラえもん のび太の月面探査記
脚本は、辻村深月さん。

メフィスト賞、直木賞、本屋大賞受賞の辻村さんですよ!

デビュー作から全部読んでます。
大好きな作家さんです。

なので、去年の秋に映画館でドラえもんの予告を見て、
「脚本・辻村深月」の文字に驚きました。

f0023813_21462486.jpeg
小説も出ました。
ちゃんと映画のドラえもん。
なのに、ちゃんと辻村さんの世界。

この本、お話はもちろんですけど、装幀もすてきなのですよ。

f0023813_21502614.jpeg
カバー下にも、ドラえもん。

f0023813_21522493.jpeg
表も裏も箔押し。キラキラ。

f0023813_21532036.jpeg
扉に扉!←意味、わかりますよね?(笑)

しかも、このドア、開くんです。
買った時点では、ミシン目が入ってるだけで開いてません。
自分で開けろ、ってことですよね。なんだかもったいないや。

辻村さんが藤子・F・不二雄先生が大好きなのは有名なので、脚本に選ばれたのは納得でした。

辻村さんのエッセイに、ガンダムが出てくる回があるんですよ。

シャアがホワイトベースを呼ぶときの「木馬」。
自分の思うイントネーションと違っていたため「もくば」が「木馬」とわからなかった。
ある時、「木馬」だと気付き、思ったことは

「シャア、なまってるな」

甲州弁だと三文字のことばの最初が高くなるそうなんですが、それが普通だと思っていたそうなんです。

なまってるだなんて、シャアにも池田秀一さんにもなんて失礼なことを!

と自戒されるお話でした。

シャアだけじゃなく、池田さんにも謝られる辻村さんがかわいいです。

タイトルの 「すこし ふしぎ」は、藤子先生や辻村さんが使うことば。

「SF」を「サイエンスフィクション」ではなく、「すこし ふしぎ」と名付けられました。

ドラえもんは、すこしふしぎな物語。
藤子先生は亡くなられたけど、繋げてくれる人たちがいるから、私たちは今でもドラえもんに会えるんですよね。

のび太の月面探査記。
劇場で観るのが楽しみです。

f0023813_22120767.jpeg

by m_n_erin | 2019-02-13 20:55 | Char? | Comments(2)