女の子に戻るとき

大好きなバンドのライブ。
ゲストは坂本愛江さん。
サンダーボルトの劇中歌を歌っている方です。

サンボルを観て早々に歌い手に出会うとは。
私は運がいい。
このセリフは使い勝手がいいな。

歌は、ダリルが足を失くす場面で流れています。
夏の海を走る幼い日のだり。
走れない現実。
落ちる涙。

明るい歌声が哀しい。そんな印象的なシーン。

坂本さんは、ブルームーンカルテットさんの演奏で2曲歌ってくれました。

終演後にサンボルのお話をしましたよ。
ガノタのたわごとにお付き合いくださるやさしいかた。
f0023813_00595608.jpg
次のサンダーボルトも、坂本さんの歌だとうれしいな。

# by m_n_erin | 2016-12-13 00:36 | Thunderbolt | Comments(2)

おじさま!

ひとつ前の記事に「ダイターン3とイデオンを観る」と書いておきながら、違うものを観ています。

それはこれ。
f0023813_14311522.jpg
超時空世紀オーガス
1983年の作品。
超時空要塞マクロスの後番組。

マクロスはリアルタイムで観てました。(ちゃんと観たのは途中までだけど)
その後番組ってことで、オーガスも観ました。

けど、たぶん、1話だけ。
だって、全然覚えてないもん、話。

1話は覚えてました。
いきなりベッドシーンから始まるの。
初っ端2分で主人公・桂木桂(かつらぎ けい)がどんな性格なのかよく解る。

戦闘中、独断で時空振動弾を作動させてしまった桂。
時空振動弾のため、世界はパッチワークのように多元世界が混ざり合った混乱時空となった。
桂も時空転移され、20年後の混乱時空へと飛ばされる。
混乱時空を元に戻すための「特異点」である桂は、勢力争いに巻き込まれていく。

初めの10話ほどは退屈でした。
エマーン人の隊商に拾われて、旅を続ける。
敵のチラムは追ってくるけど、特異点を奪取したいから殺そうとはしない。
船内や旅先での出来事と似たような戦闘シーン。つまり話があまり進まない。

面白くなってきたのは、12話あたりから。
敵キャラに厚みが出てきて、ドラマチックになる。

それはさておき。
これは「鈴置さんをたどる旅」です。
鈴置さん、出てますよ。

鈴置さんは、桂の親友オルソン・D・ヴェルヌ。
真面目で面倒見が良く、桂の後ろをしっかり守る。
f0023813_07172735.jpg
えーっと・・・。
いい人なのはわかるけど、そんなにかっこよくないな。

桂が時空振動弾を作動させた時、オルソンも近くにいました。
けど、混乱時空に飛ばされた桂のそばにオルソンはいない。

オルソンはもう出て来ないのかなぁ(鈴置さんの声、聴きたい)
と思っていた、第3話。
f0023813_07182341.jpg
あっ、敵のサングラスの人、鈴置さんだ。
ってことは、オルソンか!

オルソンが敵の中に居る、ってことがわかりました。
そして、待つのです。再びオルソンが出てくる回を。

12話でオルソンは桂の前に現れます。
敵として。味方として。そして親友として。
f0023813_14464264.jpg
オルソンは桂が来る5年前の世界に飛ばされてました。

f0023813_07183659.jpg
つまり、5年長くこの世界にいるのね。同じ年だったのに桂より5才年上になってます。
桂が20で、オルソンは25。

f0023813_07184737.jpg
にしても。かっこよくなりすぎなんじゃ。

鈴置ボイスと相まって、なにこのいい男感。
オルソン、かっこいいよ、オルソン。

オルソンも桂と同様「特異点」です。
世界を元に戻す重責に、オルソンは桂以上に苦しんでいます。
真面目だからね。

そしてですね。
桂の恋人ティナ(1話で寝た相手)が子どもを身ごもって、桂が居ない世界で子どもを産んだ。
その子どもが、敵のパイロットのアテナ。
時空が変動して20年経ってますから。
f0023813_08591151.jpg
アテナちゃん。年は変わらないけど、桂の娘。
そしてアテナは、ティナ親子を気にして訪ねていたオルソンを「おじさま」と呼び、慕っている。

おじさま。
なんて良い響きなんでしょう。

f0023813_07204431.jpg
おじさまと、お父さま。

35回シリーズの31話まで観ました。
桂とオルソン。二人の「特異点」
世界を元に戻すことは、今の世界を消してしまうこと。
三つ巴の勢力争いで、まさにクライマックス。

そんな中、桂の恋人ミムジィ(ヒロインです)が妊娠しちゃう。
おやまぁ。

このアニメ、日曜日のお昼2時にやってたんですけどね(苦笑)

あと4話で、世界はどう変わるのか。どう集結させるのか。
ネットをこそっと読むと「失敗作」との声もありますが、
前半はともかく後半はかなり面白いので、残りを観るのが楽しみです。

f0023813_07201614.jpg
桂は確かに軽い。女癖は良くない。けど、「惚れたら一途」(オルソン談)

f0023813_07191873.jpg
そんな桂を支え、後ろを守るオルソン。
頑ななところがあるから、もっと素直になればいい。

f0023813_08593987.jpg
鈴置さんらしい役。正統派の男前。大人の男。
嗚呼、こんな素敵な役を今まで知らなかっただなんて。もったいない。
観てよかった。

「おじさま」って響きにノックアウトされてます。

オルソンとアテナがくっつきますように。
・・・ダメなら、桂とくっついてもいいや。(オルソンが)

# by m_n_erin | 2016-12-06 14:59 | 鈴置さんのアニメ・洋画 | Comments(0)

明日にほほえみあるだけ

いやーん。

amazonプライムビデオに「無敵鋼人ダイターン3」が追加されてますよ。

f0023813_18243039.jpg
言わずと知れた鈴置さんの初主演作。
破嵐万丈!

amazonプライムさん、ありがとう。
さあ、観るぞー!

☆追記☆
イデオンも見放題に追加されてました!

いやーん。
ジョーダン・ベス、好きっ。←ブライト艦長はどうした!?
f0023813_20541063.jpg
鈴置さんじゃないので、こそっとイデオンも観ます。こそっとね。

# by m_n_erin | 2016-12-02 18:22 | 鈴置さんのアニメ・洋画 | Comments(0)

THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜

公開2週目にして、やっと観られました。
機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜

f0023813_18343634.jpg
ララアとキリシアとランバラルのサインが入ってるんだけど、黒地に黒字は見えないですね。
前もそうだったよな、なんばパークスシネマ。

暁の蜂起の引責で、シャアは退役。
地球に来て、ジャブロー掘ってます。
良いですね、モビルワーカーで働くシャア。
ララアと出会い、ニュータイプへの目覚めがあり、そして宇宙へ。

ジオンのモビルスーツの力を確信し、RX78の開発強化を訴えるテム・レイ。
テム・レイさん、妙にかっこいいですよ。

アムロにフラウ、クラスメートのカイも出てきて、だんだんと「私たちが知ってるガンダム」に近付いてきました。

ストーリー的には萌え要素が少ないパート。
ドズル校長くらいかなぁ、萌えポイントは。
オリジンのドズル兄さんは、かわいいです。

て言うか、オリジンのキャラはみんなかわいい。
ブライトさんも子犬みたいだもんね。(過去編には出てきませんが)

今までのあらすじが、映画3本分なので長かったです。
リノ出てきたー♡
えっ、殺されるシーン、やるの?
いやー! やめてー!

またもシャアに殺されるリノ。不憫。
開始10分で泣く。

ララアに話しかけるシャアがいやにおっさんぽく感じましたけど、それを差し引いてもシャアはかっこいい。池田さんはかっこいい。
ララアが惚れるの、解るわ。

主題歌は森口博子さん。
やさしいけど力強いその声に、戦いの虚しさを感じました。
森口博子さんは、ガンダムの世界観そのもの。
覚えて歌いたい。

次のオリジンはルウム戦役。来年秋でしたっけ?
次の次は、赤い彗星の誕生だそうで。
それでファーストにつながるってことですね。
安彦さん、あと2本、がんばって下さい。

それとは別に、サンダーボルトも続きをやるみたいですね。
これが春だっけ?
辛い物語だけど見届けたいです。

入場者への限定配布は35ミリフィルム。
フィルム配布は今日が初日。(先週はガンプラのシール、土日はミニ色紙)

初日の2回目の上映だからもらえるだろうな、と思ってましたが、前に並んでいる人たちはモギリで物をもらってるように見えない。

無いのか?

もらえました。
小さな黒い袋。
小さすぎて後ろから見えなかっただけ。
フィルムだけで台紙もないのね。
(よく考えたら、前はオリジンとサンボルのセットで台紙付きだから大きかったんだ)

もう半分暗くなっている座席で、チラリと覗いてみる。

えっ、金髪にサングラス?
シャアやん!
シャアが出た?

まさかのシャア(なのか?)にドキドキするも、上映前なのでとりあえず仕舞う。

観終わった帰り道。
電車で座れたから、改めて確認。

シャアだと思うんだけどなぁ…

違う、シャアじゃない!
いや、シャアなんだけど、シャアだけじゃない。
ララアもいる。
シャアとララア!

f0023813_19370042.jpg
しかも、かなり大きめ。
表情も悪くない。
すごい!

早々にシャアに出会うとは。私は運がいい!
家宝にします。←艦長じゃないけど。

# by m_n_erin | 2016-11-28 19:42 | ORIGIN | Comments(0)

虹の彼方に

鈴置さんをたどる旅。

機甲創世記モスピーダ。
1983年。全25話。

f0023813_07042752.jpg
観たことなかったです。
もうアニメ誌は買わなくなっていた頃ですね。

それでも、オープニングは知ってた。
歌も、絵も覚えてる。

f0023813_14420573.jpg

f0023813_14412938.jpg
金田伊功さんだから、オープニングだけはチェックしていたんでしょう。

f0023813_07044136.jpg
鈴置さんは、イエロー・ベルモント。この人。

私、このキャラは知ってました。
中性的な美形キャラで、人気があったから。
けど、声が鈴置さんだってことは知らなかったの。

なんとなく塩沢さんをイメージしてた。
こんな華奢できれいな人が鈴置さん?

イエローは軍人なんだけど、敵のインビットや軍人狩りから逃れるため、女性を装っていた。
で、女性として歌手になって、それで生計をたてていたと。

このキャラは、男声と女声、ふたりの人がやっているのです。
登場したとき(3話)は完全に女。
声も女性。鈴置さんじゃありません。
歌を歌ってる人が声もしてる。

レフレックスポイントへ向かうレイ(主役)たちに
「私も一緒に行きたいわ」と同道を願い出たところ、
堅物のスティックから「女はご免だ」と断られ

「だったら私、男になるわ」
ウインクひとつして、ドレスを脱ぎ捨て、ブラを外し、メイクを落として
f0023813_07053630.jpg
「俺はイエロー・ベルモント。正真正銘の男だ」
これは鈴置さんの声。

声も体型も変化する。かなり無理があるけど、まぁアニメなので(苦笑)

旅の中で出会った人たちが、チームになって敵の本拠地を目指すロードムービー。
話もかなり無理がある。

なんで戦闘機を持ってるのに、ご丁寧に地べたを旅するの?
一気に飛べばええやん。

鈴置さんが出てなかったら、途中で「もういいや」と止めてただろうな。
f0023813_14434281.jpg
軍人AとかBとかCとかに、いい声の無駄使い!
昔の作品だから、今のベテランも当時は新人。

テレビシリーズ全25話の他に、OVAとLPもあります。
どちらもイエローのライブ。主役は無視(笑)

イエローは、テレビシリーズの最終回、ステージ上で自分が男であることをカミングアウト。
男性として歌うようになります。

OVAは最終回の後の話なので、コンサートも男声。
なんですけど。
歌は、はねおか仁さんで、声もはねおかさんなのです。
鈴置さんじゃないの。

LPもイエローのライブ。
女声で歌ってるのに、男声でMCをしている。
なので、歌は松木美音さんで、MCは鈴置さん。
鈴置さんの声がいっぱい聴けます。

しかも、1曲だけですが、鈴置さんも歌っているのです。
A面5曲目 オーバーザレインボー
デュエットだけど、鈴置さんのソロもある。
ファンにはうれしい。

LPだから買っても聴けないけど、ニコ動にあるのです。
消えないでね。



# by m_n_erin | 2016-11-26 23:26 | 鈴置さんのアニメ・洋画 | Comments(2)

ジャブロー強襲

「あったー! これでしょ? バクダンって」
byキッカ・キタモト

f0023813_17222116.jpg

時限爆弾はレアアイテム。

# by m_n_erin | 2016-11-20 17:20 | 1st | Comments(0)

聴けないのに、買ってしまいました。
(2回目)
f0023813_21492560.jpg
LPです。
1980年。36年前。
私がランドセルを背負ってる頃です。

「ザ・ロンゲスト ロード イン 鈴置洋孝・破嵐万丈」

鈴置さん30歳のファーストアルバム
富野由悠季(当時は喜幸)さんプロデュース。

ACT1 ストレンジャー・ロード破嵐万丈
ACT2 ロンゲスト・ロード鈴置洋孝

富野さん曰く、

「万丈と鈴置の二本路線で、鈴置洋孝が演ずる世界の広がりを創ってみようということになった」

「万丈の世界を徹底的に"創りの世界"とし、鈴置サイドの彼の匂いが漂うものという色分けをした」とのこと。

「ACT1ナレーション鈴置洋孝・間嶋里美」って書いてある。
「新キャラ アッシャー・ナイスリィも登場」らしいし。

つまり、ドラマも入ってるのよね?
めっちゃ聴きたい。

ちなみに、最初にアップした写真は裏ジャケットです。ACT2側。

f0023813_06514106.jpg
普通、鈴置さんのLPと言ったらこっちですね。

このLP、神戸のレコード屋さんから送ってもらったのですが(ヤフオクです)、初回封入のポスターが付いていました。

f0023813_21474376.jpg
万丈イメージの鈴置さん。
小さいから、貼りやすそう。
(貼りませんよ)

ACT1 万丈サイドの曲 5曲は、作詞 / 井荻麟 作曲 / 井上忠夫

わかります?
富野監督と、井上大輔さんです。
哀戦士より前に、ふたりで曲を作ってたのですね。

レコードを聴く術がないので、しばらくは

眺めて、愛でる!

しかできませんが、
そのうちどうにかして聴いてみます。

その時はまたここに書きますね。

タイトルは、ライナーノートの中の鈴置さんのことば。
「このLPは僕にとって一生忘れられないメモリアルアルバムになることは間違いないでしょう」のあとに続きます。

大丈夫。
ファンにとっては、出会えたことが「メモリアル」で「幸せ」なんですから。

# by m_n_erin | 2016-11-17 23:26 | 鈴置さんのCD | Comments(0)

「うる星やつら」
因幡くん、観ました!

f0023813_22255020.jpg
運命製造管理局で、運命のドアのノブを作ってる。

めちゃくちゃかわいいです。鈴置さんの因幡くん。
キャスティングした人、すごいなぁ。私なら、この手のキャラに鈴置さんは浮かばない。鈴置さんならできるって、ちゃんとわかってるってことですよね。

「うる星やつら 夢の仕掛け人 因幡くん登場!ラムの未来はどうなるっちゃ? 」1987年

f0023813_07255389.jpg
道で行き倒れ、しのぶに助けられた因幡くん。
最初は迷惑そうなしのぶ。

f0023813_07283948.jpg
亜空間に行き、未来を見るんだけど、納得できなくて、運命のドアのノブを作ることに。

f0023813_07294963.jpg
「しのぶさん、ぼくも入ってますよね?しのぶさんの未来の中に。ねっ? 絶対入れて下さいよね。ねっ」←かわいい♡

f0023813_17555407.jpg
追ってくる運命製造管理局のうさぎたちから、しのぶたちを逃す因幡くん。

f0023813_17572331.jpg
「もしもまた会えたら、一緒にお茶を飲んで下さいね」

涙のお別れ。
「うちらを助けて、因幡くんはどうなるっちゃ?」

でも、翌日。因幡くんは戻ってくるのです。
f0023813_17592468.jpg
「あの…お茶飲みに行きませんか? 」こくん。
「じゃあ、あの、お茶の後で映画も」こくん。

f0023813_17594246.jpg
ふたりともかわいい。
よかったね!

しのぶは、島津冴子さん。
島津さんは鈴置さんのことが好きだった、のですよね。ビデオインタビューでそう言ってるの見たことある。

大好きな人と役の上でも両思いになれて、よかったね。そして、うらやましいです。

因幡くん、他でも見つけました。

OVA 「うる星やつら 怒れ!シャーベット」1988年

f0023813_18111031.jpg
真夏の公園でデート中。
着ぐるみ、暑いよね(笑)

「劇場版 うる星やつら 完結編」1988年
f0023813_18123476.jpg
喫茶店でお茶!
「久しぶりね、因幡さん」

f0023813_18131226.jpg
「うれしいな、こうやってしのぶさんとお茶飲めて」

f0023813_18133646.jpg
ラムとあたるの追いかけっこに巻き込まれる主要キャストのみなさん。因幡くんもね。

f0023813_18135762.jpg
そして無事、解決。

f0023813_18141481.jpg
と思いきや、記憶抹消装置(鬼さん)が落っこちてきて。
因幡くん、よく見たら下敷きだ。

f0023813_18143674.jpg
この話のゲスト。ルパとカルラ。
どちらも美男美女なのに、ことばが鈍ってるし、性格に問題あり。

ルパは塩沢兼人さんで、カルラは井上瑤さん。
シリアスもギャグもできるおふたり。
鈴置さんもだけど。みんな逝くのが早過ぎる。

見たかった因幡くんに会えて、よかったです。
ホント、因幡くんはかわいい。

その前に見ていたのが、ゴッドマーズ(ナオト)と、ときめきトゥナイト(あろん)と、マクロス(カイフン)だから余計にそう感じるのかも(笑)

f0023813_18595346.jpg
私の中の「うる星やつら」は押井さんがやってた頃で止まってました。
後期の作品が見られて楽しかったです。

鈴置さんを辿る旅は、まだまだ続きます。

# by m_n_erin | 2016-11-15 19:05 | 鈴置さんのアニメ・洋画 | Comments(4)

本は増えないです。
なかなか見つからないの。

久しぶりに見つけたのはこれ。
コミックの中に鈴置さん。

f0023813_08092469.jpg

櫻井しゅしゅしゅ「われら宝裸コーポレーション・大きなバイブの舎の下で」
その中のアフレコレポート。

このCD、持ってますよ。
めちゃくちゃ面白いです。
脚本家の愛を感じます。←原作よりいいもん。

S置さん、K雄さん、成Tさん(笑)
みなさん素敵。

殊にS置さん。サイコーにいい声です。
S置さん、歌うし。テレビショッピングやるし。ラジオDJやるし。白木馬だし。タイガーショットだし。

あまりにもすごいので、書き始める勇気がないだけです。だってタイトルからしてこれでしょ。内容は推して知るべし。
まあ、そのうち書きます。

f0023813_08272356.jpg
同じく コミックより。
「燃えよ!宝裸コーポレーション」
CD「大きなキノコの故郷で」のアフレコレポート。
前回より、男前度アップ!

f0023813_08293237.jpg
コミックの中に、まさかの鈴置さん。
見つけた時はうれしかったです(^-^)


f0023813_08084792.jpg
戦国魔人ゴーショーグンnotes
アニメージュ1982年7月号の付録。
文庫本サイズで131ページ。

f0023813_08321438.jpg
真吾の設定資料のページに鈴置さん。

もし鈴置さんがキリーだったとしたら。
あら、違和感ないや。鈴置さんならキリーもやれそう。

真吾がお風呂で歌う浪花節は下手だけど、あれは鈴置さんが下手なんじゃなくて「真吾は歌が下手」って設定なんだから。設定なのですよ!

f0023813_08445297.jpg
鈴置さんのことを話してるから、茉美ちゃんのところも載せよっと。

ゴーショーグンの会話がイキイキしていたのは、アフレコの現場に脚本の首藤さんがいたから。毎回参加して、その場でセリフを入れたり変えたりしていたらしい。

キャラクターの性格に声優さん自身の個性を盛り込んでいるから、ゴーショーグンのキャラクターはイキイキしてる。楽しい。
大好きなアニメのひとつです。

新しい本はこの3冊だけ。
記事的に寂しいから、前に載せた本だけど、割愛した写真を載せちゃいます。

f0023813_08473334.jpg
アニメージュ1980年7月号
Voice topic
アニメージュ編集部に来たお客さま

5月1日(木)夜8時 仕事帰りにちょっと寄った鈴置さんとグリコさん。

この号、鈴置さんのインタビューが3ページ載ってるんですが(本の中の鈴置さん・その2参照)、そこでもグリコさんと一緒の写真が載ってます。
f0023813_08544932.jpg
同じ劇団だったもんね。

「アニメのレギュラーは1本のみ。活動の7割方は薔薇座」ってこの頃書いてある。

演劇以外で夢中になったものは? の問いに
「女。恋。」

いいなぁ。
この頃、お会いしたかったなぁ。

まあ、会えたとしても、私は小学生。
女も恋も関係ありませんけど(笑)

f0023813_08584090.jpg


# by m_n_erin | 2016-11-09 08:05 | 本の中の鈴置さん | Comments(0)

ってことで、ロケット団のボス、サカキさまを探してみました。

鈴置さんの声、聴きたいもんね。

15話 サントアンヌごうのたたかい!

f0023813_09201581.jpg
ボス、初登場。
声のトーンが聞きなれたサカキとちがう。
怖い系。

f0023813_09215337.jpg
「私の愛が欲しければ、今度の作戦を成功させろ」
いやーん///

17話 きょだいポケモンのしま⁉︎

f0023813_09372902.jpg
ヤドンが出てきた!
話すかな? 鈴置さんかな?

…話さないねぇ。

f0023813_09384666.jpg
サカキは、ムサシからのSOSコールを受けるも

f0023813_09395096.jpg
怒って切りました。

f0023813_09402717.jpg
最後に、ヤドン出てきた。
「やど」「や」「やどらん」しゃべった!

うーん…男の人の声だけど、鈴置さんとはちがうかな? ちがうっぽいな。

57話 そだてやのひみつ

f0023813_09493662.jpg
ヤマトとコサブロウと話すボス。

サカキ 鈴置さん
ヤマト 勝生さん
コサブロウ 子安さん

鷲崎、鷲崎の元奥さん、鳥海だ。
ロケット団で「アナリストの憂鬱」ができる←オイッ

63話 トキワジム!さいごのバッチ

トゲピーを手に入れたムサシたち。
f0023813_10135108.jpg
トゲピーを渡したら、ボスに褒められるかも!
想像シーン。

f0023813_10153133.jpg
サカキはシゲルとジム戦。

f0023813_10163058.jpg
ジム戦で負けるサカキ。
が、「お遊びのジム戦はここまでだ」

f0023813_10190493.jpg
「私には絶対の力があるのだ」

f0023813_10191688.jpg
「今それを」

f0023813_10193014.jpg
「見せてやる」

サカキが顔をみせるのは、テレビ版ではこれが初めて。

f0023813_10293770.jpg
絶対の力。ミュウツー。

「坊やに味あわせてやろう。本当の恐怖というものを」

鈴置さんの抑えた演技がいい。
最初の頃の作った怖い声よりも、普通のトーンで淡々と話す方が恐ろしい。

f0023813_10345850.jpg
ボスにトゲピーを届けたムサシたち。
叱られます。かわいいのにね、トゲピー。

f0023813_10375891.jpg
「お前の力が必要になった。ついてこい」


64話 ポケモンサーカスのバリヤード

f0023813_10411129.jpg
前回のトキワジムの顛末を詫びるムサシたちに、

「私は忙しい!いちいちそれくらいのことで私を呼び出すんじゃない!」

f0023813_10432791.jpg
「お前こそ究極のポケモン。お前がいれば」


67話 ライバルたいけつ!オーキドけんきゅうしょ
f0023813_11135735.jpg
ミュウツーがアジトを破壊して逃亡。
怒りのサカキ。

サカキとミュウツー。
ミュウツーはミュウの遺伝子からつくられたポケモン。

この関係は、劇場版1作目「ミュウツーの逆襲」へとつながります。

本来、テレビシリーズが映画への伏線となるはずが、ポケモンピカピカ事件(世に言うポケモンフラッシュ)で放送が4ヶ月自粛されたため、劇場版公開に放送が間に合わない事態に。

そのため、劇場版はミュウツーの独白から始まります。

名優・市村正親がキャスティングされたからこそ書き加えられた、と脚本家の首藤さんは言ってました。

ちなみに、劇場公開時と、テレビで放送された劇場版はファーストシーンが違います。
私はどちらもリアルタイムで観たけど、テレビ放送版がより良いと思いました。

まあ、そのへんはサカキや鈴置さんとは関係ないか(笑)

詳しく知りたい方は、今は亡き首藤剛志さんのブログでどうぞ。

どこかに、サカキ(鈴置さん限定)が出てる話数の一覧ないかなぁ。
手作業なので辛いです。
(1話ずつ、エンディングのキャストをチェックしてるのです。バカでしょ)

サカキさま。
声はめちゃくちゃいいです。
顔はともかく。
眉毛がないのは、怖いよねぇ。

# by m_n_erin | 2016-11-05 11:54 | 鈴置さんのアニメ・洋画 | Comments(0)